CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン」を食べてみました。(2019年4月15日発売・エースコック)

この商品は、カレーでお馴染み“CoCo壱番屋(ココイチ)”監修による“刺激”をテーマにしたカップ麺で、5種類ものスパイスを配合した本格スパイシーなカレーラーメンが登場です!

それも…鶏やトマトの旨味を利かせたスープにカレースパイスを合わせたことで、ベースとなるスープには満足度の高い味わいが表現され、さらに別添されたスパイスを加えることで“ココイチ”らしい本格的とも言える刺激的なスパイシーが楽しめる一杯“CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン”となっております。(税抜き200円)

そして、こちらに掲載されいてる5種類ものスパイスのイメージをはじめ…“刺激”といった文字なんかも非常に印象的ですね!これを見る限り今回の一杯は“ココイチ”らしいカレーの美味しさに加え、スパイシーさに際立った本格的とも言える仕上がりのようです!

CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン パッケージ

一方、こちらには“刺激”がテーマなだけあってスパイシーな仕上がりだけでなく、しっかりとした辛さを思わせる赤みを帯びた濃厚なスープの仕上がりイメージなんかも掲載されていて、“5種のミックススパイス付き”と記載されているように、今回の一杯にはこのスパイス感を演出するための香辛料が別添されていて、ご自身のお好みに合わせたスパイスの強さを楽しむことができるようですね!

“ココイチ”のカレーってスパイスがしっかりとしていて美味しいんですよね!それが今回“刺激”がテーマにどれほどのスパイシーなスープに仕上がっているのか?辛さとの兼ね合いなどもひとつのポイントとなるのではないでしょうか?

また、こちらを見る限り具材には、キャベツ・鶏・豚味付肉そぼろ・オクラ・ねぎが使用されているようです!

他にも特徴として…麺は中太の丸刃仕様ということで、つるっと滑らかな食感だけでなく、しっかりとした食べ応えなんかも楽しめる仕上がりによって、スパイスの利いた“ココイチ”ならではの旨味・香辛料が利いたスープにも負けじと満足度の高い一杯が表現されているようです!

また、ココイチ監修の刺激的な一杯と言えば…以前ご紹介した“CoCo壱番屋監修 レッドカレーラーメン”といった商品がありましたが、今回はあくまで“刺激”がテーマとなっているため、“辛さ”というよりも5種のスパイスを使用した本格的とも言える“スパイス感”によって、このテーマが表現されているものと思われます!

実際に食べてみて…

ほんのりと“とろみ”が付いたカレースープには、“ココイチ”らしいキレのある口当たりに加え、鶏やトマトの旨味がしっかりと利き、さらに別添された“スパイス”を加えることで辛さ意外の本格スパイシーな“刺激”が楽しめる最後まで飽きの来ない仕上がりとなっていました!
これは特に、CoCo壱番屋のカレーが好みの方はもちろん、本格スパイシーなカレーラーメンを気軽に楽しみたい時におすすめの一杯と言えるでしょう。

ゆうき
ゆうき
では、今回はこのココイチ監修によって“刺激”をテーマにスパイシーさに際立った後味すっきりとした一杯「CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン」について実際に食べてみた感想を詳細にレビューしてみたいと思います!

CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン

今回ご紹介するカップ麺は、カレーでお馴染みココイチ監修による“刺激”をテーマに登場したカップ麺で、鶏やトマトを利かせたカレースープに、スパイスを加えることで本格的とも言えるスパイシーな味わいが楽しめる一杯“CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン”となっています。

ちなみにココイチ監修のカップ麺はコンビニなどでも度々登場しているので馴染み深い方も多いかもしれませんね!

そんなココイチのカレーの辛さって思っている以上に辛さが強いため、1〜10辛まで選べるものの…3や4でも十分辛いんですよね!それが今回スパイシーさに際立った仕上がりということで、辛さとともに本格的とも言えるスパイス感には期待したいところ!

また、今回は“まろやか”をテーマにしたチーズとバターの風味が特徴的な“まろやかクリーミーカレーラーメン”も同時発売されているようです!

それでは、今回の“CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン”がどれほどのスパイシーさに仕上がっているのか?辛さとのバランスや、鶏やトマトを利かせたスープとの相性などなど…じっくりと確認していきたいと思います!

カロリーなど栄養成分表について

では気になるカロリーから見てみましょう。
ご覧の通り440kcal(めん・かやく387kcal / スープ53kcal)となっております。(塩分は7.4g)

カロリーは、このサイズとしては平均的といった数値のようですが、塩分の方はかなり高めな数値のようですね!
ちなみに1食当たり105g、麺の量は90gとのこと。

原材料について

では原材料も見てみます。

スープには、乳化油脂やカレー粉をはじめ…

  • 野菜パウダー
  • 香辛料
  • 香味調味料
  • チキンエキス
  • チキンパウダー
  • 唐辛子

といった、鶏やトマトの旨味を利かせたコク深い定番とも言えるカレースープに、キレのある辛さと5種類ものスパイスを配合したことによる本格スパイシーな味わいを想像させる材料が並びます。

JANコード 4901071231835
原材料名

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩)、かやく入りスープ(食塩、乳化油脂、キャベツ、カレー粉、野菜パウダー、香辛料、鶏・豚味付肉そぼろ、香味調味料、チキンエキス、チキンパウダー、酵母エキス、オクラ、ねぎ、唐辛子)、スパイス(香辛料、食塩、パセリ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、炭酸カルシウム、重曹、カラメル色素、かんすい、微粒二酸化ケイ素、紅麹色素、カロチノイド色素、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉・豚肉・ごまを含む)

栄養成分表示 [1食 (105g) 当たり]
熱量 440kcal
たん白質 9.6g
脂質 13.9g
炭水化物 69.1g
食塩相当量 7.4g
めん・かやく: 2.5g
スープ: 4.9g
ビタミンB1 0.55mg
ビタミンB2 0.51mg
カルシウム 352mg

引用元:CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン|商品情報|エースコック株式会社

開封してみた

フタを開けてみると、ご覧の通りかやく入り粉末スープ、スパイスといった2つの調味料などが入っています。

そして、麺はご覧の通り中太といったところでしょうか?丸刃仕様のつるっと滑らかな食感を思わせる食べ応えのありそうな麺が採用されているようです!

調理してみた

ではまず、かやく入り粉末スープを入れてみます。

かやくには、

  • キャベツ
  • 鶏・豚味付肉そぼろ
  • オクラ
  • ねぎ

が入っています。
カップ麺としては珍しいオクラなんかが具材として使用されているようですね!

そして、この時点ですでに“CoCo壱番屋”ならではのスパイシーな食欲そそる風味が確認できます!

では続いて熱湯を注ぎ3分待ちます。
※粉末スープが量的に多いので、しっかりと溶かすようにお湯を注いでいくと良いでしょう!

そして出来上がりがこちら!
オクラをはじめとする具材がふっくらと仕上がり、さらに先ほど中太に見えた麺もしっかりとした弾力を思わせることで、スパイシーさに際立ったスープだけでなく思った以上に強い食べ応えのある一杯…といった印象の出来上がりです。

さらに、先ほどの“スパイス”を加えていきます!
こちら、パッケージにも記載されていたように5種類ものスパイスが使用されているとのことで、これによってさらにスパイス感が増して感じられます!

ちなみに、このスパイスはそこまでの量ではありませんでしたが、辛みも伴うかと思われますので、気になる方はこちら量を調整してみても良いかもしれません!

そして、風味としては…先ほどの“かやく入り粉末スープ”にすでにカレースパイスが利いていたわけですが、さらにスパイス感が増して感じられ、まさに“刺激”をテーマにしているだけあって、カレーならではの辛みとともに本格スパイシーな味わいに期待できそうです!

では、よーくかき混ぜてみましょう。
そしてスープが全体に馴染むと…すでにほんのりと“とろみ”が付き、鶏やトマトを利かせたカレースープには、しっかりとしたコクなんかも加えられたことで満足度の高い仕上がりとなっているようです!

また、スープはやはりほどよい辛みを想像させる赤みを帯びた仕上がりのようで、今回“刺激”をテーマにしたというだけあってスパイス感を引き立てるかのようにカレーならではの香り立つ辛みなんかも表現されているようですね!

これはパンチのある口当たりはもちろん、後引く辛さなんかもしっかりと楽しめることで、最後まで飽きの来ないクセになる一杯と言えるでしょう!

食べてみた感想

一口食べてみると…“刺激”をテーマにしているとのことでしたので、強烈なスパイシーさが表現されているかと思いきや、それだけでなくカレースープには鶏やトマトをはじめとする旨味がふんだんに利いているようで、思っていた以上に深みのある仕上がりとなっていますね!

そして、気になる辛さについては…そこまでの辛さではありませんが、5種のスパイスを配合した本格スパイシーな風味や味わいが“刺激”といったテーマにもぴったりな汗を誘う仕上がりとなり、このスパイス感によって味が締まっているようにも感じられるため、スープには全く飽きが来ることもありません!

そのため、刺激的とも言えるスパイス感に加え、カレースープのベースにしっかりと利いた旨味なんかも楽しむことができ、スープに表現された美味しさとともにスパイスの“刺激”が楽しめる一杯となっているようです!

ただ、強いて言うなら…野菜の旨味が強いせいか、動物系の旨味が若干弱いような気もしますね!何と言うか…美味しくし過ぎと言うんでしょうか?個人的にはもう少し脂っこさが欲しかったような気もします。。

麺について

麺は、ご覧の通り中太で丸刃仕様ということで、つるっと滑らかな食感が印象的な食べ応えなんかも兼ね備えた麺となっています!

そんな麺には、鶏やトマトをベースにカレースパイスを合わせたスープがよく絡み、一口ずつに旨味溢れる味わいが口いっぱいに広がっていき、今回5種類ものスパイスを使用した本格的とも言える風味が後味良く抜けていきます!

また、スープは若干“とろみ”なんかも付いているため、麺にもよく絡み、それによって一口ずつに感じられる旨味も思った以上に楽しむことができるのではないでしょうか?

トッピングについて

トッピングにはまず、こちらの鶏・豚味付肉そぼろが入っていて、やや小ぶりではありますが…口に入れるとホロホロと崩れていくような柔らかな仕上がりとなり、それと同時に肉の旨味が滲み出る美味しい具材となっています!

そのため、今回のスパイシーさに際立ったカレースープにもぴったりで、ちょうど良い旨味によってスープの味わいを引き立てているように感じられます!

また、こちらの食感柔らかなオクラは、さすがにカレースープの味が強いせいか…素材本来の味までは確認できなかったものの、こういったさりげない具材によって今回の味わいが表現されているものと思われます!

さらに、こちらのキャベツはシャキシャキとした食感が表現された仕上がりとなっていて、これによって今回の一杯にちょうど良いアクセントがプラスされているようですね!

スープについて

スープは、先ほどもお伝えした通り鶏とトマトの旨味がベースとなり、そこにカレースパイスを合わせたことで、基本となる味わいがすでに美味しく仕上がっていて、さらに今回5種類ものスパイスを配合したことによる本格的な風味や、テーマである“刺激”といったイメージにぴったりな味わいが表現されています!

そのため、コク深くも旨味がしっかりと利き、さらにスパイシーさが後引く辛さと旨味を楽しむことができる仕上がりには、想像以上に満足度も高いのではないでしょうか?

ちなみに気になる辛さについては…そこまで強烈な辛みというわけではありませんが、このスパイシーな“刺激”によって食べ進めていくうちにうっすらと汗を誘い、それによって最後まで飽きの来ないカレースープをじっくりと堪能することができるでしょう!

このように、今回の“CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン”には、“刺激”といったテーマらしい本格スパイシーな味わいだけでなく、ベースとなるスープの旨味がすでに美味しく仕上がっていたため、お好みによって唐辛子などの香辛料を追加して、さらに“刺激”に際立った味わいを楽しんでみても良いかもしれません!

まとめ

今回「CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン」を食べてみて、鶏やトマトの旨味にカレースパイスを合わせ、さらに5種類ものスパイスを配合したことによって、今回のテーマである“刺激”にふさわしい本格スパイシーな香辛料が加わり、それによって後引く辛さと旨味が最後まで楽しめるクセになる仕上がりとなっていました!

やはりこのココイチらしいスパイシーなテイストは間違いないですね!
“刺激”をテーマにしたスパイス感は鶏やトマトを利かせたカレースープにもぴったりな味わいに感じられるのではないでしょうか?

ということで、気になる方はぜひ食べてみてくださいねー!それでは!

Source: 今日も食べてみました。