さて、ここのところ忙しかったこともありちょっとご無沙汰していた同僚とのラ部活。
そろそろラ部活しようよ~ってことで?数日前から私は同僚と昼ラーをする約束をしました。
さぁさぁー、久しぶりだしどこへ行く~?(∀`*ゞ)エヘヘ

そんな訳で?食べに行くお店を同僚と吟味。
せっかくの昼ラーですし、そろそろ終了しそうな昼の期間限定を求めてこちらのお店へ。

煮干そば 流。 にぼしそば る。
(十条・東京都北区)
2019,2,25訪問

さて、こちらのお店は最寄り駅のJR 十条駅北口・南口どちらからでも約徒歩3分ほど。
お店自体は南口側にありますが、いつも通り新宿方面から十条駅に着いた私達は北口側から向かいます。
駅を背にして右方向、線路沿いを歩き踏切を渡ってお店に到着。

お、やったね、外並びなし~( ・∇・)( ・∇・)♡

ただ到着してのはお昼のピークタイムど真ん中、チラリと覗く店内は空席なし??
まぁ、でも、こちらのお店は食券を購入してから並ぶシステムなのでとりあえず一旦店内へ。

引き戸を開けて入った所はちょっと狭い通路。
店内奥からは私達の姿に気づいた店員さんからの「いらっしゃいませー」と言うお声がけ。

とりあえずペコリと軽く会釈を返し、入口すぐの券売機へ向かいます。

…と、アレ?ない!!Σ(´∀`;)
実はこの日の同僚のお目当ては私が前回来た時に食べた2月末までの限定「春子」。

前日、まだ食べている人がいたのでまだあるかな~と思ってたのですが…どうやら終わった?(;・∀・)
券売機の周りをぐるりと再度見回してみたものの、やはり限定は終了した様子。
…ゴメーン?(*´Д`)、 (=゚ω゚)ノイエイエ

…ま、無いものは仕方がありませんよね。
でも、「煮干そば流。」さんのレギュラーメニューはかなり豊富でまだまだ食べてないメニューがいっぱい。
同僚は今までここでは限定しか食べたことがなかったので、初のレギュラーメニューを食べることにしました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、やはり店内は満席だったので購入した食券を持って再び外へ。
店前のイスに座ってのんびりおしゃべりしながら、ふと見上げる上空。

おぉー、あんなところに看板出ていたの初めて知りました~(*‘∀‘)(*‘∀‘)♡
「あの看板、駅からでも見えるのかなー?」なんて話をしていると食べ終わったお客さんが店内から出てきます。

そして、ほどなく店内へのご案内~\(^o^)/\(^o^)/
空いている席の前に辿り着けば、目の前に来てくれた店員さんが食券を受け取ってくれます。
その後は上着を脱いだり、カバンをカゴに入れたり。

席に着けばどちらからともなくセルフサービスのお水の準備。
うーむ、ラ部活歴もずいぶんと重ねて来たのでここら辺とっても気楽で居心地いいです!(≧▽≦)セッ!

さて、それでは完成する前にいつもの調子で周りを確認。

置いてある卓上調味料はラー油、酢、ブラックペッパー、コショウ、一味唐辛子。
うむ、本日もお変わりないようで良かったでーす(‘◇’)ゞ

そして、ふと見上げるカウンターの上には金魚鉢?
その中には「揚げ煮干¥50」「煮干しの佃煮¥100」と書かれています。

…これ、お土産で買えるのかな~(*‘∀‘)(*‘∀‘)
煮干を佃煮にするってなかなか想像がつきませんが、煮干ラーメンのお店が作る1品だし美味しいんでしょうね~(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、そんなこんなで待つこと少しまずは同僚の注文が先に完成。

煮干そば(並)750円
+ランチB(肉めし)150円

やはり、煮干そば流。さんで最初に食べるべき?レギュラーメニューはコレですよね~♡
そして、昼時だとお得に食べれる肉めしも付けるとは同僚ナイス!(≧▽≦)

さて、少し遅れて私のたのんだつけそばも完成!

アブラつけそば(中)830円
ちなみに?煮干そば流。さんにはあっさりタイプの「つけそば」もあります。
最初はそっちにしようかな~と思っていたんですが、同僚とのバランスを考えて?
お初ですけど、こってりタイプの「アブラつけそば」にしてみました!(*^-^*)エッヘン

おぉ~、それにしてもなみなみと入っているつけ汁。

表面を覆う脂の層に厚みがあるような気がします~(*‘∀‘)
ただし、脂の層があると表面は静かに見えますが、中はすっごく熱かったりするので気を付けないとね(笑)

さぁ、そしてひんやりと冷たい器にいれられた麺の方はこんな感じ。

そうそう、ちなみに「つけそば」の麺量は並170g、中250g、大350gとなっています。
…まぁ~、大盛りでも行けそうな気がしましたが、最近食べ過ぎなので節制?して中盛です!(‘◇’)ゞ

それでは、そろそろいただきます。

まずは麺をそのままぱくり、つるりーん!!(*´▽`*)

おぉー、うんまーい(*´▽`*)♡
水でしっかりと冷たく〆てある少し緩いウェーブのかかった角中細麺。
何もつけずに食べてもほんのりと塩気があり、小麦の甘味も感じられて美味しいです(*^-^*)

さぁ、お次はもちろんつけ汁へ…めーん\(^o^)/

甘塩でうんまっ!!(≧▽≦)

ツヤツヤと輝くつけ汁の表面の脂は滑らかで、イヤミのない甘味。
アブラの層の下にはしょっぱうんまい醤油とじわーっと煮干の旨味が来ます(*^-^*)

おぅぅ~(*´▽`*)、すごく「らしい!」って味ですねー!!

それにしても、このつけ汁すごくたっぷりなので麺を入れるスペースが少ない?

レンゲを使って中を探ってみると、つけ汁の中にはたっぷりの細切りチャーシュー。

とりあえずこぼしたくないので、ガット掴んでがぶり!

おぉ!炙りが入ってて香ばしうんまい!(*´▽`*)♡
しかも、みっしりとした肉を噛めれば、じわーっと染み出てくる煮干醤油味がまたたまりません~(≧▽≦)

さぁ、つけ汁の中にはそれ以外にカリカリ食感が小気味いい平べったいメンマ。
薬味は玉ねぎみじん切り、シャキ感、ほんのり辛味がいいアクセント。

そして、細切りにしたナルトの優しい甘味に思わずニヤリ。
肉のみっしりとした食感の間に入ってくる、ナルトのふわっと柔らかい食感がなんかいいですね(*^-^*)♡

さて、しばし麺やチャーシューをそのまま食べ進めてから味変タイム。

このアブラの甘味に加える味変、ここはやっぱり一味唐辛子かな~?(∀`*ゞ)エヘヘ

つけ汁全体の味が変わり過ぎることのないよう、一味唐辛子は直接麺の方へ。
そして、そのままそっとつけ汁へ浸して、つるりーん!

ピリ辛うんまい!!(≧▽≦)
そうそう、流。さんの一味唐辛子は辛味がかなりキリっと立ったタイプ。
一瞬びっくりするけれど、サッと引く辛さがこの甘いアブラとも相性よしです(*^-^*)

さぁ、麺を食べ終えスープの中の具もほぼ食べ尽くしたら最後はスープ割りをお願い。
つけ汁の器を渡せば、あたたかなスープが足されて戻って来ます。

ごくり…。

ほっ(*´▽`*)♡
飲むために抑えられた塩味、暖かでほっとする温度に思わず顔がほころびます。
それにスープで割ってあるけれど、旨味は薄くなっている感じがしませんね~。
あ、少し麺を残しておけばラーメン風に楽しめたかも~( ̄▽ ̄)エヘヘ

そんなことを考えている横で、同僚からそろそろキラーパス?

おかげさまでランチ肉めし(ほぼ肉)+スープ割りの定食をラストに楽しむ私。
ま、こんなこともあるかな~と思っての実はアブラつけそば(中)なのでした( ̄▽ ̄)ワラ

さぁー!そんな訳でもちろん途中で味交換などもしてお腹いっぱい。
さすがにスープ割りは全部飲まずに終了です。

ごちそうさまでしたー(≧▽≦)♡
はぁー、つけそばも美味しかったな~(*´▽`*)
そして、久しぶりに同僚のおかげで味わえた「煮干そば」もうんまかった!
やはり券売機の一番左上は伊達じゃないですね(*^-^*)

煮干そば 流。さんの限定メニューは期間が長めでしかも美味しい。
ついつい限定メニューを食べてしまいがちなんですが、レギュラーメニューもいずれは全制覇したい。
よーし、次は~…(∀`*ゞ)エヘヘ


2019年29杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキング

煮干そば 流。さんの限定情報などがわかるTwitterはこちら

煮干そば 流。さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都北区上十条1-13-2

煮干そば 流。さんで食べたブログのまとめはこちら(*´▽`*)


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
同僚とのラーメン部会の記録まとめはこちら
Source: 「らーめんになりたい!」