DSC_0570
2018/6/24
今回は夏限定の冷やし中華が始まったということで駒場東大前の千里眼へ。前回のラーメンの記事はこちら
11時半過ぎに到着。今年から千里眼は冷やし中華をやる間は整理券制を導入したとのことなので、まずは、整理券を受け取る。
整理券を発券するための列と、すでに整理券を持っている人の列が別々になってて、初見だとちょっとそれがわかりづらかった
店側の列が整理券発券用の列で、道路側の列がすでに整理券を持ってる人の列だったので、これから行く方は参考にどうぞ。
それと、週末は基本的に昼の部は13時半には整理券配布を終えている様なのでこれも注意。

DSC_0580

DSC_0579

冷やし中華の場合は、千里眼の通常トッピングに加えてカラメとガリマヨもトッピングに加わる。
後述するが、ガリマヨはヤサイとの相性がとても良いのでぜひコールするのをお勧めしたい

DSCPDC_0003_BURST20180624134157787_COVER

※この写真は整理券が売り切れになってますが、これは整理券と食券を購入する際に写真を撮り忘れて、その後整理券の時間になってから入店した際に撮ったためです
そして今書いてて気づいたのですが、地味に追加豚が90円→100円に値上がりしている…

DSC_0571

券売機にも整理券の受け取り方が丁寧に書かれている。
この時に食券も一緒に購入することになるので、間違えないように注意

DSC_0569

無事整理券と食券を購入

その後、ブラブラして時間をつぶした後時間通り13時ごろに再度千里眼に到着。道路沿いの既に整理券を持っている人の列に加わり更に30分ほどで着席。

DSC_0573

冷やし中華(普通)(870円)+味玉(100円)+追加豚1枚(100円) ヤサイマシマシニンニクアブラショウガカラアゲカラメガリマヨ
通常のラーメンとは違い、カラフルな野菜がたっぷり盛られた冷やし中華の登場。
冷やし中華といっても、一般的な冷やし中華とはかけ離れたものだが…笑
器を触ってみると、冷やし中華用にしっかり冷やされているようでとても冷たい。このおかげで最後まで冷たいまま食べられるのもしっかり考えられておりさすがと言ったところ。

DSC_0574

ヤサイマシマシの高さは350ミリペットボトルと比較するとこんな感じ。

DSC_0575

ヤサイの内容は大根と人参の千切りがメインで、そこに少量の紫キャベツ、キュウリが入り、その上から水菜が少量乗せられ、プチトマトが1個置かれている。
通常の二郎系ラーメンでいうヤサイは完全にモヤシとキャベツのみだが、この千里眼の冷やし中華のヤサイはそれとは完全に違ったものとなっており、もはやサラダに近い笑
味の方は、シャキシャキのヤサイの上にたっぷりとかけられたガリマヨとアブラが絡み、これだけでも無限に食べられそうなくらいうまい!
特にガリマヨはあるかないかでヤサイの美味しさが全く変わってくると思われるので、ぜひコールしていただきたい

DSC_0577

チャーシューはラーメンとは違う鶏チャーシューが2枚。こちらもしっかり冷やされた状態で器に盛られている。
しっとりした食感とさっぱりした味で、この冷やし中華ととても合っていて美味しい

DSC_0572

通常の豚のチャーシューが食べたい方は、追加豚を買うと別皿でこちらが出てくる。
冷やし中華のトッピングと違い、こちらは冷やされて出てくるわけではないので若干温度差が気になるかも?笑

DSC_0578

麺は氷水でがっつり〆られたとても冷たい極太麺。
千里眼の麺はもともと固めのゴワゴワした食感なのだが、その麺が冷水で更に〆られることによりさながらハードグミのようなものすごい歯ごたえと弾力になっている。
この麺にクリーミーな胡麻中心のタレが絡み、さっぱりしているのに濃厚で食べ応えのある冷やし中華となるわけだ。

夏の始まりを感じさせてくれる、最高の千里眼の冷やし中華でした。
ごちそうさまでした。

食べログ
ラーメン千里眼@駒場東大前 公式ツイッター
営業時間:11:00-14:30 17:00-21:45
定休日:しばらくの間水曜日を定休日とするそうです
住所:東京都目黒区駒場4-6-8

  にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ ブロぐるめ! 食べ歩きポータル
↑ ↑ ↑
クリックしていただけるともっと更新頑張ります!

Source: 健康的な麺生活