6/18発売の日清からの新作
「日清焼そば U.F.O. 濃い濃い海鮮うま塩焼そば」
を食べました!

「UFO」から塩系焼そばの新作が出るのはけっこうひさしぶりですね!

6/18発売 日清焼そば U.F.O. 濃い濃い海鮮うま塩焼そば

塩系焼そばということで、青を基調にしたデザインになってます!
「UFOの塩系」=青、という図式がすでに定着していますね!(=゚ω゚)

現在は「UFO」の塩焼そばにはレギュラー商品が存在しないので、
新たなレギュラー候補として提案してきた可能性も高いですね!

「濃い濃い」という表現は、基本の「UFO」にも使われてますしね!

6/18発売 日清焼そば U.F.O. 濃い濃い海鮮うま塩焼そば(内容物)

内容物は液体ソースのみとかなりシンプルになっています!
具材に関してはいつも通りあらかじめカップに入ってます!

6/18発売 日清焼そば U.F.O. 濃い濃い海鮮うま塩焼そば(できあがり)

あら、塩系焼そばにしては自分と色が濃いめになってますね!
醤油の色とは少し違うものの、ソースがやや茶色がかってましたし!

まずはその味ですが・・・基本は中華系の焼そばの風味ですね!(●・ω・)

日清らしいどっしりとした多めの豚脂にオイスターソース、
いかにも上海系の中華風焼そばを指向した味になってます!

この点は「UFO 上海オイスター焼そば」に近いと言えますね!
特にソースの最も骨格となっている部分が共通してますからね!

ただ骨格は近いものの、それ以外の要素は大きく変えてきています!

「上海オイスター焼そば」はその名前の通り正統派の上海焼そばで、
老酒が入ったり、さらに椎茸で中華風らしい旨味を加えてきたうえで、
さらに野菜の旨味も加えて「五目中華風焼そば」らしさを出しています!

それに対してこちらはメインこそ豚脂とオイスターソースではあるものの、
それ以外はそこまで中華路線ではなく、海鮮の旨味をギュッと出しています!

海鮮+中華風ということで、ちょっとXO醤ぽい風味にも感じますね!

ただ原材料に実際にXO醤が使われているというわけではないですが、
中華風+オイスター+XO醤的な味を想像すれば近いと言えそうです!

そしてこの焼そばのもう一つの大きな特徴がかなり強く効いたにんにくです!(*゚◇゚)

これだけにんにくをガツンと効かせてあるというのは意外でしたね!

同じく中華系の「上海オイスター焼そば」がまったりしてるのに対し、
こちらは豚脂は強めながらも、にんにくによってパンチが効いています!

海鮮焼そばという路線を考えるとにんにくはなくても成立したでしょうが、
「上海オイスター焼そば」との差別化という点では奏功していますね!

ソースの原材料は豚脂、香辛料、香味調味料、魚醤、いかパウダー、
オイスターソース、魚介調味油、植物油脂、ポークエキス、糖類、食塩です!

豚脂を中心に据えているあたりはいかにも日清らしいといった雰囲気で、
続く香辛料は主ににんにくのことを指していると考えてよさそうです!

あとはオイスターソースに魚醤やいかパウダーなど海鮮系を重ねてますね!

麺はいつものUFOよりも一回りほど細いストレートの油揚げ麺です!
塩焼そばということで、いくぶん細めに仕上げてきたのでしょうね!(`・ω・´)

細めでありながらもUFOらしいもちっとした食感はしっかりありますし、
なおかつ細めなので麺そのものの主張がいつもよりもやや控えめです!

けっこうパンチのあるソースとはいえ、あくまで塩系ではあるので、
麺勝ちになってしまわないように太さを調整してきたのでしょうね!

そのおかげでソースと麺とのバランスはちょうどいい感じになってます!

麺の量はいつもより10g少ない90gで、カロリーは552kcalと高めです!
脂質も28.7gと豚脂が強いだけあって、高めの数字ではありますね!

現在の「上海オイスター」が麺100gで脂質27.2gとなっているので、
麺量が少ないにもかかわらず、実はこちらのほうが脂質は高いです!

それでも体感的なまったり感が「上海オイスター」よりやや弱いのは、
にんにくのパンチが前面に出ているということも背景にありますね!

具材はキャベツ、いか、人参という構成になっています!

具材に関してはお世辞にも多いとは言えない感じではありますね!

通常の「UFO」に比べると麺量も具材も少なめなのを考えると、
コストをソースに集中してきたというふうに考えられますね!

全体的に中華風焼そばに近いので、野菜具材はよく合いますね!

多少ソースの油脂感が強く絡みますが、キャベツとも相性が良く、
人参についてもほどよくコリコリとした食感が残ってくれています!

人参ってカップ麺ではあまり目立つ存在にならないことが多いですが、
今回は意外と人参の量も多く、食感の面でも存在感を出しています!

いかは自然に麺に絡みながら、海鮮の風味を高めるような役目ですね!(*゚ー゚)

ちょっといか具材としてはやや細かいかなと思うところもありますが、
海鮮焼そばとして必要なラインは最低限押さえてくれた感じですかね!

「上海オイスター焼そば」は今ではレギュラーに定着していますし、
このタイプの中華風焼そばは今では日清の得意分野でもあるのですよね!

それを現在レギュラーのない塩焼そばでも応用してきたといった感じで、
共通した骨格は持ちながらもXO醤的な雰囲気によって海鮮の個性を出すという、
なかなかしっかりとしていて、なおかつ他にない海鮮焼そばになってましたね!

今回の評判次第では、新たなレギュラーとして定着するでしょうね!(゚x/)モキルーン

【関連記事】
日清焼そば U.F.O. 総合メニュー
Source: He can eat anything but himself!