今日は先週食べてきた夏季限定の1杯のブログをお先にアップします。
今年から整理券制を導入したので、解説などなどでいつもよりかなり長いブログになっています。
ご了承ください(*- -)(*_ _)ペコリ

さて、こちらのお店の夏季限定は毎年恒例の人気の1杯。
友達が気になると言って一緒に行ったのをきっかけに初めて食べたのが2016年。

今年で私は3回目、そんな夏の風物詩が食べられるお店がこちら~\(^o^)/

ラーメン千里眼 らーめんせんりがん
(駒場東大前・東京都目黒区)
2018,,6,22訪問

さて、こちらのお店は最寄り駅の小田急線・東北沢駅から徒歩約8分。
ですが!東北沢駅は各駅停車の電車でないと停まらないので、私は急行の止まる「代々木上原駅」から向かいます。

駅改札を出たら、Uターンするように駅の西口へを出て「代々木上原駅南」交差点を渡ったら道なりに直進。
上原公園の左側の坂道を登り、ほどよい大きさの通りに出たら右折。
さらにまっすぐ大きな道に突き当たるまで道なりに歩き、左折すればもうお店。

もちろん地図アプリを使いましたが、数回目ともなるとなんとなく感覚で到着できました(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、到着したのは12時半過ぎ。
昨年まではこのまま店前に並ぶだけでしたが、今年から夏季は熱中症対策も兼ねての整理券制

お店からの案内によると、まずはオープンまではこんな感じ。

そして、オープンしてから1時間分の杯数が出た後は整理券制に変わります

整理券についての詳しい案内はこちら。

↑詳しくは個々に書いてありますが、つまり整理券と食券の両方がないと食べることができません。

それから整理券は1人1枚まで、1人で複数枚購入することはできません。

買った食券の払い戻しもできませんので、ご注意を~(=゚ω゚)ノ

さて、解説が長くなりましたが私が到着した時間はすでに整理券制の始まっている時間です。
私はまずは整理券と食券を購入するために1度店内へ。
引き戸を開けて中に入れば「いらっしゃいませー」のお声がけ。
その声に軽く会釈を返してから、入口すぐの券売機に向かいます。

そして、ぱっと券売機を見れば、右上に「①②に従ってお買い求め下さい」との一文。

では、まず①の整理券の発券からスタート

下の2段の中から食べたいメニューの食べたい時間の整理券のボタンをポチっとな!(=゚ω゚)ノ
整理券はお金を入れなくてもボタンを押せば出てきます。
ちなみに!昼営業中に夜の整理券を取ることはできません。

そして、②の食券の購入

今、現在のこちらの基本メニューはラーメンと冷やし中華の2種類。
ラーメンは「ラーメン(普通300g)」「ラーメン(大400g)」「味玉ラーメン(普通)」「味玉ラーメン(大)」の並び。

冷やし中華は左から「少なめ200g・普通250g・大350g」の順。

そうそう、ここが大事なポイント!
ラーメンの整理券では冷やし中華を食べることはできません。
ですが、冷やし中華の整理券でラーメンを食べることはできます

ちょいとややこしい?ですが、基本的に同じメニューの整理券と食券を購入しておけば間違いないと思います(=゚ω゚)ノキリッ!

さぁ、それでは私もお金を入れて~、目的のボタンをポチっとな~!(=゚ω゚)ノ

よーし!ばっちり整理券と食券をゲットしました~(*´▽`*)

ちなみに私がお店に行った時は食券を購入する人は他にいませんでした。
ですが、複数人の方が同時刻に食券を購入しに来た場合は、券売機の前には1人ずつしか入れないので並ぶ必要があります。
その場合並ぶ場所は店舗前側に並ぶようになっていますので、こちらで券売機の前が空くのを待ちましょう。

↑図にするとこんな感じ。
つまり食券を持っていない人は店側、食券を購入している人は車道側に並ぶってことですね!(‘◇’)ゞ

ま、私の解説はちょっと分かりにくいと思います。
SUSURU.TVで購入の仕方の動画をアップしていますのでそちらを参考にしてみてください(*^-^*)
SUSURU君の動画はこちら↓
SUSURU.TV【永久保存版】千里眼の並び方・整理券の仕組み教えます【二郎系行列店】
もちろん、私もこれを参考にして予習してから行ってきましたよ~(∀`*ゞ)エヘヘ

さてさて「書いてある時間までにお店にお戻り下さい」と言うお声がけに見送られてお店を後に。
思ったよりも食券購入からお店に戻る時間が短かったので、とりあえず近場のコンビニでお水などを購入。
並び時間が以前より読めると言っても熱中症対策はちゃんとしないとね(*´σー`)エヘヘ

そして、再びただいまー\(^o^)/

一応参考までに?私はほぼぴったり13時に戻ってきて並び始めました。
こちらは店内で6人ほど待てるので、外の人と合わせると大体16人~20人くらい待っている状態からスタートです。

そんな訳で、段々と列が進んでいき店外の張り紙などが自分の前にやってくる度に写真撮影。

一番左端の大きい額の中には4分割されたご案内。
そうそう、冷やし中華が販売されている期間は営業時間が毎年変わりますのでこちらもご注意。

そして、その右側にはこちらのラーメンの写真がどどーん。

これは野菜マシマシ?それ以外全部かな~(*´з`)♡

さて、あと少しで店内~(*´▽`*)

入口のガラス戸には再び待っている時のお店からのお願い。
その隣には冷やし中華2018年は6月11日~の写真付きの案内もあってテンション上がる~!( *´艸`)

先に食べていた人がお店から出てきて、店内待ちをしている人が座席へ移動。
店内待ちスペースに私が入り込めそうなスペースができた時点で店内へ(店内待ちは6名まで)。
そして、待っている時点でお店の人から食券の確認があります。
ここで確認するのは食べたいメニューと麺量、私は「冷やし中華・少なめです!(‘◇’)ゞ」と答えます。

外で待つより、やっぱり店内で待つ方が体は楽だな~(*´▽`*)
なんて思いながら待つことしばし、遂に私にお声がけ、言われた番号の席に着席~\(^o^)/

そして、座ったら速やかに整理券と食券をカウンターの上に置きます。
ちなみに食べる人のスピードとか色々ありますがので、参考にしかなりませんが並び出してからここまで37分でした。

さて、ほっと一息つく前にまずはセルフサービスのお水の準備。
ウォーターサーバーは店内カウンター席の中央、ちょうど私の座った席の後ろ辺り。

ここにはそれ以外にも紙エプロン、レンゲ、ティッシュペーパーなどが置かれています。

腰を落ち着けたたところで、カウンター上をチェック。

置いてある卓上調味料はタレ、一味唐辛子、ブラックペッパー、酢。
カウンターボードにはご案内類…の中でも気になる「千里眼の歌の歌詞」はまたしてもちょっと見づらい位置でした(・´з`・)

さて、調理風景を眺めながらこれから来る後のコールに向けての予習もしっかりと。
店内の見やすい場所に張られている「無料トッピング」の表を見て心の中で反芻。

こちらのお店と言えばの無料トッピングはやっぱりなんと言っても揚げ玉に唐辛子をまぶした「辛揚げ」。
そして、冷やし中華だけの無料トッピングとしてカラメ(タレ多め)、ガリマヨがあります。

ちなみに?私は来る前にこうしようっ~て考えておきました(*´σー`)エヘヘ

さぁ、先に座っていたと思われる人たちにどんどん着丼!
そして遂に私の席の番号が呼ばれます「6番の方、ニンニクいれますか?」
それに対して私は、
野菜とショウガマシマシ、唐揚げ少なめ、カラメガリ…ガヨ!
一息で言えなかった…しかも、噛んだ…_| ̄|○

ま…でも?ご安心ください?
千里眼さんは無料トッピングを店員さんがもう一度ちゃんと確認してくれます。

ちなみに完成直前のコールのわかりやすい伝え方も後でその筋の方に教えてもらいました(∀`*ゞ)エヘヘ
それは「で」を上手に活用すること。
私は表を参考にして上から順に唱えていましたが、句読点は言葉にすると聞き取りずらい。
なのでこの場合ならば「カラメガリマヨ、で、唐揚げ少なめ、で、野菜ショウガマシマシ」こんな感じ。
「で」を間に挟むことで相手に伝わりやすくなるそうです(*^-^*)

禁断の?全マシって手もあるんですが…私は生ニンニクがあまり食べられないもんでね~(;´∀`)ショボーン

ま、余談が長くなりましたが私のトッピングを店員さんが2人係りで完成させます。
そして、綺麗な山が遂に私の目の前に到着~(∩´∀`)∩♡

冷やし中華(少なめ)820円
追加トッピング:野菜マシマシ、ショウガマシマシ、カラメ、ガリマヨ、カラアゲ少なめ

うひゃー、すごーい(*´▽`*)♡
冷たい丼を持って、そーっと裏側もチェック。

今までは野菜マシを頼んでいた私ですが、ラー友さんから「野菜マシマシでも食べれるよ」言われたんですよね。
その声に背中を押されて、勇気を出して頼んでみました(∀`*ゞ)エヘヘ

ちなみにちょっと角度が違う写真なので分かりにくいのですが、これが野菜マシと野菜マシマシの違い。

高さ的にはそこまで違いはないように見せますが、全体的な野菜のボリュームはやっぱりマシマシにするとスゴイですね。
ま、もちろん食べ切れる量を頼むようにしましょう。

さぁーそれでは、そろそろいただきまーす\(^o^)/

まずは添えてある鶏もも肉からがぶり。

うんまい!(≧▽≦)♡
しっとりとした鶏もも肉に程よく着いた柚子胡椒の味付けがたまりませんね~。

さて、昨年までの私は野菜の中心から麺を引き出して食べていましたがさすがにこれは無理。
まずは上に乗っている野菜を少し食べ進めます。

いざっ!(‘◇’)ゞ

ガブリ、サクサク、シャキシャキ(*‘ω‘ *)

冷やし中華に乗っている野菜はにんじん、水菜、きゅうり、紫キャベツ、大根。
一番量が多いのが細切りのシャキシャキ大根で、ガリマヨがドレッシングの大根サラダを食べている感じ。

そ、それにしても全然麺に到達できない。
野菜を食べながら麺を引きずり出せないか試してみますが、その度に野菜が零れ落ちそうです!
すかさず席後ろにあるティッシュペーパーを1枚取ってどんぶりの左脇へ。

こぼれた場合はここでキャッチできるようにしておきつつ、箸を使ってフチに近い部分の野菜をぎゅうぎゅう。
ふんわりと盛り付けられている野菜を少しずつどんぶりに押し付けるようにして、カサを少しずつ圧縮していきます。

そして、ついにご対めーん(≧▽≦)♡

名付けて?野菜のミステリーサークル、その中央から出てきた麺にがぶり~(∩´∀`)∩
うんまい!( *´艸`)♡
麺はしっかりと水で〆てあって硬めでちょっとゴワゴワ、ムッチリ。
その麺に絡んでくるのはクリーミーなゴマダレで程よい酸味が効いていて美味しい。
そして、かけてもらったガリマヨの風味も段々と混ざり合っていくのもいいんですよね~。

さて、少しずつ中身をぐるりぐるりと回転させながら食べ進めていくと生姜ゾーン発見!

ショウガと一緒に頬張れば、さっぱりとした生姜の風味がいいアクセントでうんまい!
生姜好きなので、ショウガマシマシにして正解です~(∩´∀`)∩

ちなみに?昨年も私はショウガを追加トッピングしました。
で、その時のブログに次はショウガはマシマシで食べたいって書いてあったのでそうしてみました。

さて、生姜ゾーンの次は辛揚げゾーン。

辛揚げと一緒にがぶり。

麺はガチムチ、野菜シャキシャキ、辛揚げサクサク。
色々な食感が楽しめて楽しい~(*´▽`*)♡

ちなみに?昨年の私は辛揚げ少しを「別皿」でトッピング。
そして、ブログの中で冷やし中華は辛揚げ別皿じゃない方がいいかもって書いてありました。
自分の好みを一番よく知っている過去の自分からの言葉に従うと間違いないですね~。
冷たいタレなので食べ始めのサクサク食感、そこからタレに馴染んで辛味が効いてくるのもいい感じ。

ただ思ったより辛揚げ少し…でも辛かった~( ;∀;)
段々と舌に溜まってくる辛さで食べるスピードが落ちていきましが、それでもいつか終わりは来るものです。

ついに最後の野菜をがぶり~(*‘∀‘)

そして、最後の最後はプチトマト~(*´∀`*)

トマトの甘味が辛味が溜まった舌をリセットしてくれました。

むはー(≧▽≦)ごちそうさまでした~

今年も美味しかった~(*´▽`*)♡
1度は食べてみたかった野菜マシマシバージョンの冷やし中華が食べられて大満足。
ま、正直なところ野菜がすごい山盛りでちょっと食べづらかったのは事実なのですが、とっても美味しく食べられました。

ただ、今回の事を踏まえて次の冷やし中華の事を考えると私はやっぱり野菜マシでいいのかも。
もしかしたら、増やすなら次は麺かもしれませんね~(∀`*ゞ)エヘヘ


2018年122杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

ラーメン千里眼さんの営業状況・冷やし中華の完売情報などがわかるTwitterはこちら

ラーメン千里眼さんの食べログ店舗情報はこちら
東京都目黒区駒場4-6-8 佐藤ビル 1F 

【夏季限定】2017年 冷やし中華を食べた時のブログ
ラーメン(少なめ)(アブラ、ショウガ、カラアゲ別皿)を食べた時のブログはこちら
【夏季限定】2016年 冷やし中華を食べた時のブログはこちら


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
Source: 「らーめんになりたい!」