6/25発売の日清「カップヌードル BIG エッグカレー」を食べました!
「カップヌードルカレー」にスクランブルエッグを大量に入れた商品です!

6/25発売 カップヌードル BIG エッグカレー

今回も温泉卵のトッピングが推奨された商品のようですね!
以前に出た「カップヌードル BIG スキヤキ」もそうでしたね!

とはいえ、自分は普通に温泉卵は入れずに食べてしまいますが!
どうもブログで紹介するカップ麺はそのまま食べたいのですよね!

家で普通に食べるものは自分で味変をすることもあるのですが!(=゚ω゚)

6/25発売 カップヌードル BIG エッグカレー(内容物)

たしかに卵は多いですが、この時点ではそこまで強烈には見えないですね!
「多いことは多いけど普通に思える範囲」といった感じに見えます!

しかし卵以外の具材がねぎしか見当たらないのはたしかにすごいですね;

いつもは入っているダイスミンチもポテトもここにはないですしね;

6/25発売 カップヌードル BIG エッグカレー(できあがり)

このできあがり画像にはさすがに笑ってしまわざるをえませんね!笑

こんなにふくれあがってしまうとは、自分でもちょっと予想外でした!

まずはスープですが・・・基本はカップヌードルカレーと同じです!(●・ω・)

原材料の並びからして「カップヌードルカレー BIG」と同じなのですよね!

ただ、実のところ食べたときの感触は微妙に違っていたりするのですよね!

それは濃度を120%にしたという影響もあるのだとは思いますが、
実際はそれよりも具材の違いによる変化のほうが大きいですね!

というのも、今回のほうがややすっきりした印象が強めにあって、
なおかつカレー感がよりストレートに来る仕上がりなのですよね!

いつもの「カップヌードルカレー」はポテトの出すまったり感や
ダイスミンチによる肉の風味がスープに溶け込むこともあって、
しっかりしたカレー感とともにまろやかさも強いのですよね!

それが今回は具材が卵だけになってまったり要素が消えたことで、
「カップヌードルカレー」のカレーらしさがより前面に出てきます!

今回は120%ということで、濃度は確実に上がってるはずですが、
実際はそこまでスープがドロドロになるということはないです!

というか、先に触れた具による変化も合わせながら味わってみると、
体感的な濃度に関してはそこまで大きくは上がってないのですよね!

ところで少し奇妙なことに、従来の「カップヌードルカレーBIG」と
スープだけのカロリーを比較するとこちらが少し低いのですよね!

従来版が94kcalで、こちらが83kcalとけっこう大きく違ってますし!

お湯の必要量は一緒なので、濃度が上がっていることも考慮すると、
同時にカロリーの高い要素をいくぶんカットしてるのかもしれません!

カレー感がよりストレートに出た背景の一つとも考えられますね!

スープの原材料は豚脂、カレー粉、小麦粉、カレー調味料、玉ねぎ、でん粉、
香味調味料、糖類、マーガリン、食塩、人参、ピーナッツバター、香辛料です!

もしかすると豚脂の含有量がちょっと減ったのかもしれませんね!
いつもほど豚脂がガツンと来る感じがなかったような気もしますし!

玉ねぎと人参はごくごく細かい具材としてスープに入っています!
底のほうから拾い上げてときどき食べるとおいしいのですよね!(*゚ー゚)

ただいつもならそこに砕けたミンチも一緒に絡むのですが、
それがない分だけやっぱり物足りなさは多少ありましたが!

麺はいつもの「カップヌードルカレー BIG」のものと同じですね!

他のカップヌードルの麺に比べるといくぶん幅広なのが特徴です!

でもって、カップヌードルカレーはスープとの絡みがすごいので、
今回も麺とスープが一体になるあの感覚をしっかり味わえますね!

麺の量は80gで、「カップヌードルカレー BIG」よりも5g少ないです!
カロリーは554kcalで、脂質は25.6gとなっています!(*゚◇゚)

麺量の関係もあって、カロリーも脂質も従来版よりも低いですね!
とはいえ、それでもカップラーメンで500kcal超えはかなり高いですが!

具材はスクランブルエッグと少量のねぎの組み合わせになっています!

一応はスープに入っている細かい玉ねぎと人参も具材と言えますが、
存在感のある具材は事実上は卵のみと言っていいかもしれません!

ねぎに関しても見ての通り、細かいうえに量が少ないですからね!

卵はカップヌードルでおなじみのあの卵具材と同じなのですが、
さすがにここまで入ると迫力もありますし存在感抜群ですね!

ふわっとしていて、軽い甘みのあるあの風味がしっかり映えます!(`・ω・´)

このカップ麺は温泉卵を投入することをオススメする商品なのと同時に、
「謎肉祭」の卵バージョンみたいな位置づけの商品でもあるのですよね!

「あの卵にそこまでのニーズがあるのか」とも思ったりしましたが、
たしかに食べ始めの頃はこの卵まみれもなかなか悪くないのですよね!

カップヌードルで卵をここまで食べるってほぼないですからね!

たださすがに後半になってくると物足りなさも出てくるのですよね;

具材がほぼ一種類となるとどうしても単調な印象は出てきますし、
肉やポテトの不在感がだんだんと目立ってきてしまうのですよね;

なので、この商品は本来は通常サイズ向けだった気がしますね!

謎肉(ダイスミンチ)ほど単体で活躍できる具材ではないだけに、
「飽きないうちに楽しんで終われる」のがベストだったでしょうね!

それがビッグサイズであるがゆえに途中から飽きがきましたからね;
商品のサイズも全体の完成度を大きく左右すると考えさせられましたね!

全体として見るとたしかにいろいろ面白さもあったのですが、
単調さを感じさせない工夫があればと感じる内容でしたね!

最初の楽しさと後半の飽きの両方が印象に残りましたからね!

バランス感よりも遊び心を楽しむのに向いた内容の一杯でした!(゚x/)モキユーン

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー
Source: He can eat anything but himself!