「ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX」を食べ切れるのは一部の英雄だけ

前回、「ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX」と通常版ペヤングの大きさを比較する記事を書きましたが、その結果、約4食分という触れ込みの「ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX」と通常版ペヤング分の計約5食ものペヤングを食べなければいけなくなりました。

TVCMではマツコ・デラックスさんが「意外と食べれちゃう」みたいなことを言っていましたが、食べ切れちゃうのは本当すごい人、呂布やキラ・ヤマトといった英雄クラス、もしくは導かれし者たちですよ。せいぜい「大食力」が55程度の私オサーンでは、ジム・ボールくらいにしか乗れないし、徐州とか幽州スタートの君主の元で武将デビューするくらいしかできません。在野の趙雲とか出てきちゃったらもうゴミ扱い待ったなしです。だいたい、マツコさんが持っているとそんな大きく見えないですが、実は片手で持って食べるのも苦労しそうな大きさですからね。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

残った約3.5食分のペヤングをアレンジ料理で有効活用しよう!

そんなわけで、通常ペヤング1つ分と、あと「超超超大盛 GIGAMAX」の5分の1くらい食べたあたりでお腹いっぱいになり、食べ続けるのを断念しました。しかし、カップ麺と共に生き、カップ麺を愛してやまない私オサーン、これを無駄にするわけにはいきません。僻地の君主にゴミ扱いされる存在ても、テレビに映ることなく爆破に巻き込まれてその他大勢とともにやられてしまう存在であっても、カップ麺だけはどうしても食べ切らなければなりません。

そこでまずは、残った(というにはあまりに多すぎるけど)ペヤングを保存容器に入れ替え、しまい込んで問題を先送りにしようと企みます。あ、いや、逃げちゃダメだ。逃げるわけじゃなく、これを使ってなにかアレンジ料理を作ろうと思い立ちました。普段カップ麺はメーカーの用意したソースやかやくのみで食べ、アレンジは一切しないことを信条としているこのブログですが、さすがに今回はそんなこと言ってられません。

ただ私オサーン、別に料理が得意ではなく、生活の知恵的なアイデアを豊富に持ち合わせているわけでもありません。生活力45の凡人クラスです。

まず問題となりそうなのは、麺が伸びていること。そりゃそうですよね。調理してから一晩越してしまいました。麺はフニャフニャなはずです。オサーンさん、ない頭で必死に考えた結果、これを解決するには熱を加えて水分を飛ばすしかない。そのためにはレンジかフライパンを使うしかないでしょう。さすが生活力45。武将3人しかなくても立派にゴミ扱いされそうなアイデアしかありません。

今回は、約3.5食分の残ったペヤングを使い、レンジとフライパンで1品ずつアレンジ料理を作ってみたいと思います。

Source: カップ麺をひたすら食いまくるブログ