30年前のスーパーカップの復刻版と現行スーパーカップの食べ比べ

今回のカップ麺は、エースコックの「復刻版 スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て」。2018年7月2日発売の「スーパーカップ」シリーズの新商品です。「スーパーカップ」が発売30週年を迎えたことを記念し、1988年発売当初のスーパーカップを復刻させた商品となります。しょうゆ、みそ、とんこつ、いか焼そばの4種類が復刻されています。当時はまだ「スーパーカップ」とは名乗っていなかったんですね。

1988年といえば、若々しいとは言え私オサーンも十分に記憶のある年なんですが、このパッケージは記憶にあるようなないような微妙なところです。当時まだ幼かった私はカップ麺とかあまり興味なかったですからね。せっかく復刻版を出してくれたので、現行の「スーパーカップ」と食べ比べてみたいと思います。

4種の復刻版のうち、まずは今回の「スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て」ですが、比較対象となる現行品は「スーパーカップ1.5倍 しょうゆラーメン」。復刻版の商品名に「生しょうゆ」とつけられているのはおそらく、当時は主流だった粉末スープだけではなく、液体スープも使用しているからだと思われます。現行品はパッケージに「鶏ガラ醤油」と書かれています。

今回の商品が当時の味をどれだけ再現できているのかはわかりませんが、「スーパーカップ」がどんな進化を遂げているのか見てくのが楽しみです。現行品の圧勝に期待したいです。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});



左が復刻版で、右が現行のスーパーカップ。

品名:復刻版 スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て
メーカー:エースコック
発売日:2018年7月2日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価:税別200円
取得価格:税込148円(イオン)

液体スープ、粉末スープ、かやくという構成は、復刻版と現行品どちらも同じでした。かやく袋内の内容物が多少異なっており、現行品はコーンが入っているのに対し、復刻版は小さいナルトが入っています。

左が復刻版の麺で、右が現行品の麺です。復刻版の方が麺が細く、黄色味が薄くなっています。おそらく何代にもかけて進化を遂げ、現在の「カドメン」に辿り着いているため、麺は両者の違いを最も大きく見せる部分なのではないかと思われます。

Source: カップ麺をひたすら食いまくるブログ