30年前のスーパーカップいか焼そばは現行品よりいかの味が強いのだろうか

今回のカップ麺は、エースコックの「復刻版 大盛りいか焼そば」。2018年7月2日発売の「スーパーカップ」シリーズの新商品です。発売30週年を迎えた「スーパーカップ」の、1988年発売当時の味を復刻した商品とです。しょうゆ、みそ、とんこつ、いか焼そばの4種類が復刻されており、このブログでは先日「復刻版 スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て」をレポ済です。

今回復刻版と比較していくのは、「スーパーカップ いか焼そば」。現行の「いか焼そば」は、日清焼そばUFOやペヤングと並ぶカップ焼そばの大定番商品ですが、以前に比べていかの味がしないぞと思っている人が多いように思います。かくいう私も、以前ほどいかの味を感じず物足りないと感じていました。今回はスーパーカップ発売当初の味ということで、ルーツを辿ることでいかの味の変遷を感じられるかもしれません。

以前このブログで、現行「いか焼そば」と「金ちゃんソースいか焼そば」とのいか焼そば比較を行ったことがありますが、その時は、現行いか焼そばのいかの味が弱くなったとは思いつつも、比較上では金ちゃん焼そばよりもいかの味を強く感じました。今回は始祖との比較でどうなるのかとても楽しみです。

それでは早速比較していきたいと思います。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});



左が復刻版で、右が現行いか焼そば。

品名:復刻版 大盛りいか焼そば
メーカー:エースコック
発売日:2018年7月2日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(焼そばスープ・かやく・ふりかけ)
定価:税別200円
取得価格:税込148円(イオン)

液体ソース、かやく、ふりかけ(現行品はめちゃうま!ふりかけ)という構成は両者同じでした。かやく袋に入っている具もいかとキャベツで共通ですが、復刻版の方がいかが大きく、量も少し多いように見えます。キャベツは現行品の方が多く見えました。

左が復刻版の麺で、右が現行いか焼そばの麺。「しょうゆ味」の時と同じように、復刻版の方が麺が細いです。現行いか焼そばは他の「スーパーカップシリーズ」で使われる「カドメン」と銘打たれていませんが、それでも復刻版と比べると太く厚みのある麺です。

Source: カップ麺をひたすら食いまくるブログ