今度はみそ味で30年前のスーパーカップ復刻版と現行スーパーカップの食べ比べ

今回のカップ麺は、エースコックの「復刻版 スーパーみそラーメン生みそ仕立て」。2018年7月2日発売の「スーパーカップ」シリーズの新商品です。発売30週年を迎えた「スーパーカップ」の発売当初1988年の味を復刻させた商品で、しょうゆ、みそ、とんこつ、いか焼そばの4種類が同時に復刻されました。

4種の復刻版のうち、「復刻版 スーパーチャーシューラーメン生しょうゆ仕立て」と「復刻版 大盛りいか焼そば」はすでにブログでレポしました。どちらについても復刻版より現行品の方が明らかにデキが良く、さすが30年の時代が過ぎた進化を感じました。

今回は「復刻版みそラーメン」を現行品である「スーパーカップ1.5倍 みそラーメン」と比較していきます。このブログではスーパーカップシリーズを数多く食べてきており、実に118回も食べているのですが、その中で通常のレギュラー商品はあまり食べておらず、今回の「スーパーカップ1.5倍 みそラーメン」は実に2009年以来となります。2009年のスーパーカップはまだ「カドメン」ではなく「3Dめん」という麺を使用していました。ホント久々のスーパーカップみそラーメンです。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

商品概要



左が復刻版で、右が現行のスーパーカップ。

品名:復刻版 スーパーみそラーメン生みそ仕立て
メーカー:エースコック
発売日:2018年7月2日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく入り粉末スープ)
定価:税別200円
取得価格:税込148円(イオン)

どちらも内容物が2袋なのは共通ですが、液体スープが単独であり、復刻版はその他にかやく入り粉末スープ、現行品は単体のかやくが別添されています。復刻版に「生みそ仕立て」と付いているのはおそらく液体スープが使用されているためだと思われますが、粉末スープが併用されています。現行品は液体スープのみなので、むしろ生みそ仕立て度が高いのは現行品の方です。

左が復刻版で、右が現行品。今までレポした「しょうゆ味」と「いか焼そば」同様、復刻版より現行品の方が太い麺になっています。どちらも「かやく入り粉末スープ」もしくは「かやく」を入れた状態で、どちらも共通してコーンが入っています。量も似たようなものかな。復刻版には細かい肉とよくわからない粒上の具が、そして現行品は同じく細かい肉と緑の野菜がたくさん入っています。具は現行品の方が多めです。

Source: カップ麺をひたすら食いまくるブログ