7/9発売の寿がきや「鬼そば藤谷監修 赤い鬼塩ラーメン」を食べました!
渋谷にある「鬼そば藤谷」のラーメンを再現したカップ麺ですね!

「鬼そば藤谷」はものまね芸人の「HEY!たくちゃん」さんのお店ですね!

佐野実さんとの関係も深かったなど、単なる芸能人系のお店とは違い、
かなり本格派のラーメン屋として安定した人気を確保してるようです!

すでに芸人というよりもラーメン屋としての印象のほうが強いですしね!

7/9発売 鬼そば藤谷監修 赤い鬼塩ラーメン

「鬼そば藤谷」は以前に「鬼塩ラーメン」もカップ麺化されてますね!
それに続いてカップ麺化されたのは前作の人気が高かったのですかね!(*゚ー゚)

ちなみにこのカップ麺のモデルになったのは「赤鬼ラーメン」で、
「赤い鬼塩ラーメン」というネーミングではないのですよね!

前回商品が「鬼塩ラーメン」という名前で出されていたので、
その流れを汲んだほうがわかりやすいと判断されたのでしょうね!

7/9発売 鬼そば藤谷監修 赤い鬼塩ラーメン(内容物)

内容物はかやくと液体スープという組み合わせになっています!

前回の商品ではかやくが先入れと後入れで分かれてましたが、
今回はそのまままとめて一つの袋に入れられていますね!

7/9発売 鬼そば藤谷監修 赤い鬼塩ラーメン(できあがり)

うん、澄んだ塩系スープにラー油を浮かべたような感じですね!

まずはスープですが・・・おっ、花椒の風味がピリッと来ますね!(●・ω・)

スープの中で最も目立った存在になっているのは辛味オイルですね!

唐辛子系の辛味も少しありますが、意外と花椒がしっかりしてます!

食べる前は花椒の風味が入っていることは予想していなかったので、
花椒の持つ軽い痺れと清涼感がやってきたときは少し驚きましたね!

決してビリビリと痺れるような強い刺激というわけではないですが、
ちゃんと花椒の存在感が伝わるぐらいの明確さは持っていますね!

そしてベースのスープですが・・・前作よりもずいぶん淡いですね!(=゚ω゚)

こちらのお店は「鬼塩ラーメン」というインパクトの強い名前ながら、
実際には複数の旨味を重ねたバランス型のスープだったりするのですよね!

なので、塩ダレのパンチを強く出すことが多い寿がきやの塩系ながら、
前作でもむしろ優しい味という印象のほうが強く残りましたからね!

そして今回はその前作と比べても優しい風味のスープとなってます!
優しいというよりは、ちょっと弱さも感じさせられてしまいますが!

これはお店のラーメンの味わいを再現しようとした結果というよりは、
辛味オイルを加えたことでコスト的な兼ね合いなどが発生してしまい、
スープの厚みが前作と比べて弱くなってしまったのが原因でしょうね!

おそらくお店のラーメンは「鬼塩」と同じベースをしっかり維持しつつ、
辛味オイルなどの刺激がそのままたし算される形になってるはずですし!

ただカップ麺だと、新しい要素を加えるとその分だけひき算も必要となり、
それがスープを淡い方向に向けてしまうほうにはたらいた感じがしますね!

基本のスープは鶏をベースに昆布や魚介、ホタテを合わせることによって、
動物系の厚みと魚介系の複合的な旨味を重ねる形を取っているのですが、
たしかに今回のスープでもそうした繊細さは感じ取ることはできるものの、
前作ほどその細かい深みなどは伝わらないようになってしまってますね!

今回はちょっと味が薄めになっていることは事前に知ってはいたので、
少し入れるお湯を減らしたのですが、もっと減らしてもよかったですね!

なので、作る際は思い切ってお湯をかなり少なめにしてもいいでしょう!
塩ダレがちょっと強めに立つぐらいにしてしまってもいいと思います!

スープの原材料は植物油脂、食塩、香味油、チキンエキス、ポークエキス、
醸造酢、砂糖、ラー油、醤油、たん白加水分解物、ホタテエキス、
かつおエキスパウダー、昆布エキス、煮干粉末、酵母エキスパウダー、香辛料です!

前回の「鬼塩ラーメン」の原材料とちょっと比較してみましょう!

[鬼塩ラーメンの原材料]
植物油脂、食塩、チキンエキス、ポークエキス、香味油、砂糖、
昆布エキス、動物油脂、ホタテエキス、醤油、たん白加水分解物、
かつおエキス、煮干粉末、酵母エキス、香辛料

大きな変化としてはお酢の追加、昆布エキスが弱められたこと、
動物油脂がなくなったこと、ホタテエキスが少し弱まったこと、
おおむねこのあたりを挙げることができるのではないですかね!

お酢はスープの細かい深みを隠してしまう副作用もありますし、
昆布や動物油脂の減少を見ると、淡く感じたのもやむなしですね!

全体的に旨味や動物系を弱く感じる方向に変化していますしね!

麺は最近の寿がきやがよく使う中細の加水が低めのノンフライ麺です!

加水が低く、ややギュッと凝縮したような食感があるのですよね!

なので、中細麺ではありながらも麺の個性はけっこう強めです!
噛んだときに伝わってくる小麦の風味もなかなか強いですしね!

今回はスープそのものが前回に比べて淡くなっていたことから、
麺と食べるとどうしても麺が勝つような感じはありましたね!

あえて湯戻し時間を長くするとそうした傾向は弱まるので、
ちょっと長めに待ってスープとなじませるのもいいかもです!

寿がきやにはもう一つスープなじみのいい麺もあるのですが、
どうもお店の麺が中~低加水系のものを使っているようなので、
再現性という観点からこちらの麺を使うことにしたのでしょうね!

実際に前回の「鬼塩ラーメン」ではバランスは良かったですしね!

麺の量は65gで、カロリーは345kcalとなっています!
脂質は12.0gで、ノンフライ系らしく控えめの数字です!

具材は肉団子、白髪ねぎ、焦がしねぎ、赤唐辛子、
さらにフライドガーリック、桜海老が入っています!

この中で主役と言えるのは、間違いなく肉団子でしょうね!

他社の肉団子のようなふわっと溶けるような食感ではなく、
プリッとした力強さと鶏の旨味を広げる良質な内容です!

寿がきやはこうしたメインの具材に弱い印象がありますが、
この肉団子であれば、これからもどんどん使って欲しいですね!(*゚◇゚)

白髪ねぎは薬味として機能し、焦がしねぎが香ばしさを付与します!
また赤唐辛子は辛味オイル以上にピリ辛感を高めていましたね!

フライドガーリックは最初どこにあるのかわからなかったですが、
スープの底に沈んでいて、拾ってみると意外に味が強かったです!

少量ながらも強いインパクトを持った存在だと言えるでしょうね!

桜海老に関してはもはや存在がどこにあるのか見えなかったですが、
細かい具材をガサッと一気に食べたときに海老の香りが上がったので、
崩れてしまいながらも桜海老の破片は入っていたのでしょうね!

たしかにスープは淡いのですが、その中を細かく見ていくと、
しっかりと複合的な旨さが重ねられたものではあるのですよね!

だからそこを前作ぐらいの強さで出してくれていたのであれば、
今回の商品ももっと優秀な内容になったと思われるのですよね!

ただお湯の量を大幅に少なくすることで一定の対処ができるので、
作る際は「少なすぎないか」と感じるぐらい減らすのがオススメです!

それで塩辛く感じたらお湯を足せば問題は解消しますしね!

ベースのスープの構成自体はかなりしっかりしていましたし、
辛味オイルも効果はきっちりと発揮してくれていただけに、
この淡さに関しては残念さを感じさせられてしまいましたね!

次は「鬼塩」のスープの良さをそのまま生かしてほしいですね!(゚x/)モキルーン

【関連記事】
鬼そば藤谷監修 赤い鬼塩ラーメン
鬼そば藤谷監修 鬼塩ラーメン
Source: He can eat anything but himself!