7/10発売のサンヨー食品「沖縄の有名店 首里そば」を食べました!
こちらはファミリーマート/サークルKサンクスの限定商品です!

今週はサンヨー食品がコンビニ専売品を多く担当してますね!
ローソン先行販売の商品もサンヨー食品が作っていましたし!

7/10発売 沖縄の有名店 首里そば

サンヨー食品が沖縄そばを作るのはけっこう珍しいですね!

一応以前にファミマで「沖縄そばの名店 楚辺」を出してはいますが、
東洋水産をはじめとした他社に比べると沖縄そばの印象は薄いですね!

今回は「コシの強い太麺」がウリとなっているようですね!
沖縄そばで太麺をアピールするって珍しい気がしますが!

そのあたりも含めてやや異色なイメージのある沖縄そばですね!

7/10発売 沖縄の有名店 首里そば(内容物)

うん、お湯を入れる前の段階でも麺がかなり太いのがわかります!
沖縄そば以外を含めて考えても、この太さはかなりのものですね!

沖縄そばって基本的にすっきりとしたスープが多かったりしますが、
そこに極太の油揚げ麺が合いそうかというと不安もあるのですが(;゚ω゚)

7/10発売 沖縄の有名店 首里そば(できあがり)

非常に透明度が高く、かなりすっきりしてそうな感じがしますね!
後入れのかつお粉末が加わるので、だし感はしっかりしてそうですが!

まずはスープですが・・・おっと、これはかなり王道のスープですね!(●・ω・)

でもって、自分が好きなタイプの沖縄そばのスープでもあります!

澄んだ豚スープがしっかりとコクを作り、旨味はかつおが強く打ち出す、
そして油脂感はあまりなく、すっきりとした中から深みが感じられる、
そうしたすっきりしながらもだし感のしっかりある沖縄そばですね!

沖縄そばのスープは基本的には豚+魚介という組み合わせではありますが、
油脂が強いものもあれば、もっと豚が太さを感じさせるものもありますし、
そのバランスはいろいろですが、自分はこのタイプが好みなのですよね!

でもって、紅生姜の風味がスープに軽く広がっているのも良かったですね!

この紅生姜の存在感については好みが分かれるところだと思いますが、
自分としてはすっきり系沖縄そば+紅生姜はほんとツボなのですよね!

でもって、かつおのだし感は後入れの粉末でより高まってましたしね!

どっしり感のある沖縄そばのスープが好みの人は合わないかもですが、
すっきり系の沖縄そばがいける人ならこのスープはオススメできますね!

スープの原材料は糖類、食塩、ポークエキス、魚介エキス、かつお節粉末、
香辛料、発酵調味料、酵母エキス、植物油脂という構成になっています!

豚と魚介、特に魚介はエキスとかつお節粉末の両方が使われるなど、
そのだし感に力を入れていることが原材料からも伝わりますね!

糖類が最初に来てますが、そこまで甘いという印象はなかったです!

そして麺ですが・・・これはまたすごい麺を起用してきましたね!(*゚◇゚)

ここまでワイルドな質感を持った麺は珍しいと言えるでしょう!

規定の5分では明らかに戻っていないと言えるぐらいの食感ですし、
そこからかなり時間が経っても食感があまりヘタれないのですよね!

これだけ時間経過に対して強い麺というのもないと言えますね!

かなりの厚みがある平打ち系の太麺の油揚げ麺なのですが、
それだけの太さでありながら食感は歯切れのいいものです!

もちもち感はほぼ皆無で、噛むとスパッと切れるタイプですね!

そしてこの歯切れの良さがかなり沖縄そばらしくはありますね!(*゚ー゚)

なので、太めの油揚げ麺らしい無骨さもかなり持っていますが、
食感に関しては沖縄そばらしさを上手く出していると言えますね!

「コシがある」というよりは、乾麺を茹でたときの食感に近く、
でもってかんすいを使った麺らしいキレの良さを持っています!

これだけ太いので噛んでいると油揚げ麺の風味も強く出ますが、
それもうどんに油揚げが合わさるのと似た感じで意外と嫌味がなく、
これほどの暴れ麺でありながら、意外と乗りこなしているのですよね!

この太さなので、完全に麺勝ちしてスープが食われるかと思いきや、
麺の存在感は絶大なのに、ちゃんとスープも生きているのですよね!

これは麺そのものがスープを壊さないよう上手く作られたというよりは、
スープのタイプが意外と功を奏していたからといった感じがしましたね!

もしこのスープが油脂をもっと多めに含んでいたものだったなら、
麺の油臭にスープの油脂が絡むことで、完全に油の風味が勝って、
スープのベースが伝わらなかったのではないかと思うのですよね!

それがこのスープはすっきり系ながら油脂がほとんどなかったので、
麺とスープの油でだし感がマスクされることがなかったのですよね!

なんだか油揚げ麺とスープの関係を考えさせられるバランスでしたね!

普通に考えると、明らかにスープが負けるようなタイプだったのに、
よくぞこの麺を合わせながらバランスを取ったと思わされましたし!

同日発売の「坂内食堂 喜多方本店 中華そば」とは対照的な印象でしたね!

どちらも同じメーカーで、なおかつスープも両方優しいのですよね!

ただ「坂内食堂」のほうは魚介の旨味がなく、油脂感が少々強め、
一方で麺だけを単体で見ると「坂内食堂」のほうが主張は控えめ、
そうでありながら食べると「坂内食堂」のほうが麺勝ちの傾向が強く、
こちらは麺が強烈ではありながらもバランスは保ってるのですよね!

スープの油脂と油揚げ麺臭の負の相乗効果もあったのでしょうね!

麺の量は70gで、カロリーは384kcalとなっています!
脂質は13.4gで、「坂内食堂」と比べるとかなり少なめですね!

どちらもすっきり系ながらも油脂は7gも違ってますからね!

具材はかまぼこ、チャーシューチップ、ねぎとなっています!

具材の中で最も目立っていたのはかまぼこと言えるかもですね!
味はごく普通ですが、枚数が多いので存在感はけっこうあります!(`・ω・´)

チャーシューチップはやわらかい食感で少し甘めのものですが、
沖縄そばに合わせる豚肉としてはけっこう合っていましたね!

沖縄そばというと、角煮風のやわらかい甘めの豚肉が合いますしね!

そしてねぎに関しては、なぜか量がいやに少なかったですね!

すっきり系スープに極太油揚げ麺という組み合わせであることから、
バランスは確実に悪いのではないかという懸念を持っていたのですが、
意外にもそこがきちっと成り立っていたのは面白くもありましたね!

すっきり系の沖縄そばが好きなら、普通にオススメできる一杯でした!(゚x/)モキューン
Source: He can eat anything but himself!