7/16発売の日清からの新作
「カップヌードル シーフードヌードル 珍種謎肉 ガーリックシュリンプ味」
を食べました!

変わり種の謎肉を使う「珍種謎肉」シリーズの第2弾商品ですね!

第1弾の「スモーキーチリしょうゆ味」は基本のカップヌードルをベースに
チリオイルとスモーク風味によって変化をつけたレギュラーの味のようでいて
どこかカオスな雰囲気も感じさせる一風変わった仕上がりになってましたね!

続いて今回は「シーフードヌードル」の変わり種として登場しました!
シーフードヌードルを「ガーリックシュリンプ」風にアレンジしたようです!

また今回はえびの風味が香る「えび謎肉」が入っているとのことです!

7/16発売 カップヌードル シーフードヌードル 珍種謎肉 ガーリックシュリンプ味

相変わらずパッケージデザインはちょっとサイケデリックですね!
またシーフードヌードルに合わせて、色は青がベースになっています!

今回は第1弾のときとは違って、調味油などはついてないですね!

調味油がつくと、それによって味の印象が大幅に変わるので、
それが外れたことで味の変化は比較的小さくなりそうですね!

7/16発売 カップヌードル シーフードヌードル 珍種謎肉 ガーリックシュリンプ味(内容物)

むむ、なんだかちょっと珍種謎肉が少ないように見えるのですが・・・;

多い人だと14個、少ない人でも10個ぐらい入ってるようですが、
自分のはやや崩れたものを含めて8個、あとは破片だけですね(;゚ω゚)

どうも自分は謎肉系商品ではハズレをつかむ傾向があるようです;

7/16発売 カップヌードル シーフードヌードル 珍種謎肉 ガーリックシュリンプ味(できあがり)

ねぎがやたらと多く、なんだか具材もちょっとさみしげに見えますね;

いつものシーフードヌードルなら、かにかまとイカが入りますが、
その2つが抜けたことが大きく影響しているのがうかがえますね!

珍種謎肉の量が少ないのというのも大いに関係していそうですが!

まずはスープですが・・・ベースは明確にシーフードヌードルですね!(●・ω・)

「ガーリックシュリンプ味」とまで名付けて販売されているので、
もっと大幅に違うのかと思いましたが、そこまでではないですね!

食べてすぐにシーフードヌードルがベースなのははっきりわかります!

「スモーキーチリしょうゆ味」は最初にチリオイルが主張するので、
ベースがどこにあるのかつかみにくいところがありましたが、
こちらはそれに比べれば基本になってる味は明確に見えますね!

ただ、それではいつもの味とほぼ同じと言えるかというと、
いろいろなアレンジがほどこされていることも見えてきます!

基本のシーフードヌードルとの違いとして感じるのは3つで、
ガーリック、海老の風味、ごくほんのりと主張するレモンです!

その中で最もわかりやすく主張しているのはガーリックですね!

もともとシーフードヌードルはワイルドな要素があまりなく、
旨味と乳製品によってやわらかく仕上げられた印象がありますが、
ガーリックが入ることでいくぶん野性味のある感じが出ています!

シーフードヌードルをベースに見るとこのガーリックがやや異質な存在で、
これをネガティブにとらえると全体の印象も悪くなってしまうでしょうね!

自分は異質には感じながらも、シーフードヌードルらしさも
自分が予想していたよりはきちんと残っている感じがしたので、
素直にシーフードヌードル+ガーリックのたし算と感じましたが!

そしてもう一つ大きな変化が海鮮風味の組み合わせの違いですね!(`・ω・´)

スープそのものの海鮮風味の組み立てが大きく違うというよりは、
これは具材が変わったことによる変化と見たほうがいいかもです!

従来のシーフードヌードルは具材のイカから強めに味が出るので、
海鮮風味の主役もイカになっているという印象が強かったのですが、
今回は具材にイカがなく、海老風味をつけた謎肉が入っているので、
その分だけ海老の香ばしい風味がスープに強めに出てるのですよね!

ガーリックのワイルドさと、イカの旨味から海老の香ばしさへの変化、
この両方によっていつもの味よりもいくぶん硬質な印象になってます!

もし海鮮の旨味のメインがイカのままだとガーリックと合わさったときに、
もっと強い異質感があったかもですが、今回は海老が強められていたので、
その香ばしさでガーリックとのバランスが上手く保たれた感はありますね!

そしてレモンですが、これは食べ始めにちょっと気付くぐらいですかね!

食べ進めていくとスープのいろんな味に口が慣れてくるのですが、
食べ始めはニュートラルな状態からいくつもの味が入ってくるので、
それぞれの味の要素に気付きやすいという面がありますからね!

ただそれでも、あくまでほんの軽い清涼感が感じ取れるぐらいですが!
意識して食べ始めれば「たしかにレモンだな」と認識できはしますが!

スープの原材料はポーク調味料、チキン調味料、糖類、香辛料、粉末しょうゆ、
乳等を主要原料とする食品、野菜調味料、たん白加水分解物、魚介調味料、
野菜調味油、食塩、紅生姜、魚醤、ポーク調味油という構成になっています!

ここで基本の「シーフードヌードル」と原材料を比較してみましょう!

[シーフードヌードル]
チキンエキス、ポークエキス、糖類、香辛料、粉末しょうゆ、
乳等を主要原料とする食品、ポーク調味料、野菜調味料、
たん白加水分解物、魚介エキス、野菜調味油、食塩、魚醤、ポーク調味油

チキンよりもポークが強まったというふうにも読めるのですが、
レギュラー版は豚系はポークエキスとポーク調味料の2つがあるので、
それを単にポーク調味料にまとめた結果と考えられなくもないですね!

「エキス」表記がなくなり、「調味料」表記ばかりになってるのですよね!

それを除けば明らかに違う部分というのはほとんどないですね!

原材料表記だと「紅生姜」が新たに入ってるように見えますが、
いつものシーフードヌードルにもほんのちょっと入ってますしね!

麺についてはいつもの「シーフードヌードル」と同じようですね!

細めで下味が少なく、カップヌードルの中でも主張が弱めの麺です!
それゆえにどんなタイプのスープにも合わせやすい強みもあります!

まぁ、これに関しては「いつもの麺」というふうに考えればいいですね!
スープは少し変わってますが、相性が悪くなったりとかは特にないです!(*゚ー゚)

麺の量は60gで、カロリーは324kcalとなっています!
脂質は12.1gで、シーフードヌードルとさほど変わらないです!

具材はえび謎肉(魚介練り製品)、卵、フライドガーリック、ねぎです!

まず卵とねぎに関しては、いつもの「シーフードヌードル」と同じです!
ただねぎについてはいつもよりもずいぶんと多いようにも感じますが!

もしかすると普段のものもこれぐらい入ってるのかもしれませんが!

フライドガーリックは口に入ってくると思った以上に目立ちます!

スープだけだと、ガーリックはあくまで控えめに主張する感じですが、
フライドガーリックが口に入ったときは一気にガーリック感が強まります!

ガーリック感の主役はこのフライドガーリックと言っていいほどですし!

ただこのフライドガーリックはどうしても底に沈んでしまうので、
ガーリックが主張するのは食べ終わりの頃がメインになりますが!

そして主役のえび謎肉ですが・・・いやにふんわりとしてますね!(*゚◇゚)

謎肉ってやや戻りにくく、食感もしっかりしている印象ですが、
これは食感も戻りやすさも基本の謎肉とはかなり対称的ですね!

そもそもこのえび謎肉には肉具材が一切入っていないですからね!

「魚肉と大豆をベースにえびの香ばしい風味をきかせた」という説明を見るに、
おそらく海老もあくまでエキスなどしか使っていないように思われますね!

なので、「えび風味かまぼこ」というのが最も近いと思いますが、
かまぼことして見るには食感がいやにふわふわしてますからね!

カップには「プリッとした新食感謎肉」なんて書かれてるのですが、
プリッというような弾力は全くもって皆無だと言っていいでしょう!

ふわっとしていて、食べると海老の風味が口の中に少し出てくる、
「これなら普通の海老で良かったのでは」と思わなくもないですが!

ただ植物性たん白も使った謎肉のほうがコストは安くなるので、
量を確保するために謎肉にしたということだとは思いますが!

とはいえ、それなら8個という個数は少なすぎると思いますが!

本来であれば普段入っているかにかまとイカを合わせた量に対して、
今回のがボリュームが感じられるぐらいでないといけないはずですが、
そうなっていないというのはちょっと失敗と言ってもいいかもです!

あとは食感についてももう少し見直して欲しかった感はありますね!

これだと大豆たん白を使っているところだけが謎肉との共通点で、
食感も風味も謎肉を連想させるようなところがなかったですからね!

自分としてはガーリックで少し変化をつけたスープも悪くはなく、
海老風味の謎肉を起用したという点も悪くなかったと思うのですが、
えび謎肉の内容と量でちょっとつまずいたような感が残りましたね!

あとは「ガーリックシュリンプ味」という名前はさすがに大げさですね!

たしかにシーフードヌードルにガーリックと海老の味は入ってますが、
それだけで「ガーリックシュリンプ味」とまでは言えないですからね!

前回の「珍種謎肉」の記事ではサイケなデザインにちなんで、
60年代のサイケデリックムーブメント期の楽曲を貼ったので、
今回もこの商品に合っていそうな曲を一つ貼っておきます!

今回は「青」をイメージする曲なので透明感がありますし、
この夏の暑い季節にもピッタリと合う曲調となっています!

えび謎肉が少し惜しかった、ややワイルドなシーフードヌードルでした!(゚x/)モキーン

Tommy James and the Shondells – Crystal Blue Persuasion (1969)
[Psychedelic Pop / Psychedelic Rock]

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー
Source: He can eat anything but himself!