さて、この日の私はその店名からも気になっていた新店へ~(≧▽≦)

そのお店がこちら\(^o^)/

ピコピコポン
(西早稲田・東京都新宿区)
2018,5,28訪問

こちらのお店は訪問した日の約1週間前、5月20日にオープン。
ご店主さんはガッツリ系の人気店である「豚星。」さん(神奈川県川崎市中原区・元住吉)」のご出身。
オープン初日からネットに上がる連日の人気ぶりもあって行ってみたいなーと思っていました。

そして、この日遂にチャンス到来~!(=゚ω゚)ノ
なんとこの日は定休日の月曜日にも関わらず、臨時営業するそう。
これは並び穏やかなんじゃないかな~、なんて期待をしつつお店に向かいました。

さて、こちらのお店は最寄り駅の東京メトロ東西線・西早稲田駅より徒歩約3分。
ですが、私は自分に使い勝手のいいJR高田馬場駅から向かいます。

早稲田口改札の目の前を前を走る「早稲田通り」を右方向、馬場口交差点を右折。
明治通りを東新宿方面に歩いていけばお店に到着。

お!連日ネットに上がっていた目印?の赤い看板が見えてきました~\(^o^)/

お昼のピークタイムをもちろん外しましたが、チラリとチェックした店前に並びはなし。
やはり定休日の月曜日、まさか営業しているとは思っていない人が多いんでしょうね。

でも、あまりににもすんなり入れると思ったら、ちょっと心の準備が…(*´Д`)ハァハァ
こちらのお店の正面はすべての扉が全開に出来る仕組み?
開放的な店前ですので、中にいる人から見えない位置で息を整えてから入店です。

「いらっしゃいませ-」のお声がけにぺこりと軽く会釈。
そして、入口すぐにある券売機へ向かいます。

こちらの基本メニューは左から「辛いラーメン」「ラーメン」「馬場スペシャル」「プチ(女性限定)」。

下の段にあるのは¥200で選ぶ「麺増し、又は豚増し」、それと瓶ビールのボタン。

券売機にかけられたホワイトボードには現金トッピングのご案内。

さぁー、初めての訪問どうするー?゚+.(・∀・).+゚.。oO

ちなみに事前の調査によるとこちらのラーメンの麺量は250g。
自分の食べられる麺量のMAX、ガッツリ系のラーメンだとギリギリのライン。
食べらられなくはないけど、せっかくだし女性限定で頼むことのできる「プチ」の麺量はどれくらいなのかも気になる。
券売機の前で悩んでいても仕方がない、チラリと振り返えればタイミング的に質問ができそう。

ここは聞いてみるに限るとご店主さんに「あの、プチって麺量どれくらいですか?」とお伺い。
するとご店主さんから「麺量は150gです」との回答、そして「希望があればチョイ増しもできますよ」と言われます。
「じゃ、麺量200gとか大丈夫ですかね?」と言えばOKの返事。

じゃ、それでー(≧▽≦)♡

では、心が決まったので食券の購入。
空いていたカウンター席へ移動したら、食券と有料トッピング用の現金を添えてカウンターの上へ。

そして「生卵とショウガお願いします(*´▽`*)」と言い添えます。

さて、オーダーが済んだら食べる準備。
券売機横にあるウォーターサーバーからお水を汲み、そばにあるカゴからレンゲをピックアップ。

ちなみに店内奥には黒烏龍茶などが買える自動販売機がありました。
入口寄りの席に座ったので、ちょっと奥までは確認できませんでしたが、店内奥にはテーブル席もあります。
なので、この辺りの学生さんが何人かで訪れても大丈夫そうですね(*^-^*)

お水を持って席に戻りるとほどなく有料トッピングの生卵が到着。

生卵50円
そして、待つことしばし完成前の「ニンニクいれますか?」のお伺い。
私はそれに対して「チョイ野菜、チョイアブラ」をコールしまーす\(^o^)/

さぁ、完成!

プチ(女性限定:麺200g) 750円
+生姜100円

無料トッピング:チョイ野菜・チョイアブラ
おぉ~(*´▽`*)おいしそう~

横から見ると盛り具合はこんな感じ。

小高く盛られたもやしの上に、バランスを取るようにどどーんとでっかい豚が乗っていてみているだけで思わずじゅるり( *´艸`)

そして、たっぷりと入った刻みショウガ。

ちょっと100円のショウガトッピングは高い?と思ったけど、生姜好きなのでこれは必須。
特にニンニクが入れられない昼の時間には、ショウガがあるのは嬉しいです(*^-^*)

さて、それでは食べやすい位置に玉子をセット。

いただきまーす\(^o^)/

まずはスープからごくり。

おぉ~、優しめ~(*´▽`*)
まだまだガッツリ系ラーメン初心者の私はうまいこと言えませんが、いわゆる非乳化タイプのスープ。
カエシの濃さもほどよく、スープから感じる動物系の甘みを感じやすいです。

余談ですけど、少し前にこのタイプのラーメンを食べた時しょっぱいくらいでした。
同じガッツリ系と言っても本当にお店によって違うんだな~。
今まであんまりガッツリ系を食べていなかったけど、最近食べるようになって楽しくて仕方ないですー(*‘∀‘)♡

さて、続いてどかーんと上に乗っている豚にがぶり!!

すっご、フワうんまっ!!((๑✧ꈊ✧๑))
箸で持つだけで感じる豚の柔らかさ。
口に入れると脂の部分はふわふわ、赤身の部分はほろりと口の中でほぐれて行きます。
そして、豚に染みた味もすごく美味しいー!!(≧▽≦)
しかも、この豚すごくでっかいのも嬉しいですー(≧▽≦)

さぁ、お楽しみのご対めーん\(^o^)/
箸で持ち上げた麺は緩いウェーブのある平べったい太麺。

がぶりと齧りつけば麺肌はつるつるとしいてとっても滑らか。
噛みしめるともちもち、滑らかな麺なのでよくスープが上がり啜るとにゅるんとした感じがします。
むはー、うんまーい( *´艸`)♡

さぁ、ここから先は思うがままに食べ進めます。
麺200gにしたことでチョイ増しした野菜にがぶり。

こちらの野菜メインはプチプチ食感が気持ちいいもやしでキャベツ少々。
しっかりと火が入った、いわゆるクタ野菜のタイプ。
でも、だからこそスープなじみがよくてめばプチシャキ、口の中に野菜を通したスープか広がり美味しい。

そして、前評判から気になっていたこちらの無料トッピングのアブラはほぐし豚に油を加えた感じのもの。

口に入れるとじわーっと肉の旨味と脂の甘さが相まって美味しいです。
ガッツリ系、後からお願いできるアブラとしてこんなの初めて。
これは絶対に頼みたかったんですよね~( *´艸`)フフフ

さて、程よいところで生卵を溶きほぐします。

そして、麺を入れてつけ玉。

思ったよりスープがマイルドだったので、生卵はなくてもいいかな~とちょっと思いました。
でも、やっぱりスープと生卵のマイルドさは違うからあればあったでいいですよね(∀`*ゞ)エヘヘ

さぁ、程よくスープの中で温めておいた豚のもう半分をぱくり。

くー、またうんまーい!(≧▽≦)

それではそろそろラストスパート。
食べ進めるうちに混ざり合ったショウガの爽やかな辛さと風味が美味しい。
だけど、唯一置いてあった卓上調味料の一味唐辛子を使って味変。

お、ピリっと辛い唐辛子の辛味がいいアクセントです(*‘∀‘)♡

最後の最後はレンゲとお箸を使って綺麗に丼の名中を攫って生卵の入れ物へ。

すっかり薄くなった卵液もろともガツガツ、ちゅるりーん( *´艸`)
そう言えばこれはラーメンですから、もちろんアツアツ。
でも、この生卵の器があるとアツアツの麺を少し冷まして食べられるから猫舌?な私にはやっぱり必要かもー(∀`*ゞ)エヘヘ

さて、麺と具はすっかりなくなりましたが名残り惜しんでスープをごくり。

スープの中に沈んでいるショウガをちょっと浚いながら飲み続けます。

ま、でも、さすがに汁完はこれだけお腹いっぱい食べたらできませんのでこの辺で終了です。

ごちそうさまでした~(*´▽`*)
まだまだ、ガッツリ系ラーメンの経験値は低いけどここの豚は特に美味しかった~。

ちなみに?私が食べている間にご店主さんと顔見知りと言った感じの方がお話をしていました。
勝手に小耳に挟んでしまいましたが、オープン以来ご店主さんは試行錯誤を繰り返しているそう。
その時はまだまだ今のラーメンの出来に納得できていないような様子でしたが、ブログがのんびりなものであれから約2ヶ月が経過しています。
きっと今食べに行ったら、この時食べた味よりもまた美味しくなっているんでしょうね。
次は辛いラーメン?それとも最近始まった?汁なしも暑い夏にはいいかもしれません~(∀`*ゞ)エヘヘ

お知らせ
私が訪問した時は昼営業のみでしたが、現在は夜営業がある日もあるようです
気になる方はお店のTwitterで確認してみてください!(‘◇’)ゞ


2018年104杯目

ブログランキングに参加しています。
よろしければ↓下のバナーをクリックしてくださいね(#^.^#)

人気ブログランキングへ

ピコピコポンさんの営業状況がわかるTwitterはこちら

ピコピコポンさんの食べログ店舗情報はこちら
東京都新宿区高田馬場1-3-13


コメント投稿を承認制にしました。
ご理解、よろしくお願いします(-_-)
Source: 「らーめんになりたい!」