DSC_0587
訪問日:2018/7/23
今回は吉祥寺駅公園口から徒歩10分ほどの黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアンへ。6/14にオープンした新店舗だそうだ。
20時過ぎに到着。店内はテーブル席に座っている4名1組のみ。
店内は広々とした清潔感のある雰囲気で、テーブル席もいくつかありとてもオシャレ。

DSC_0588
DSC_0590

主なメニューは、らぁめんフロマージュ、塩らぁめん、醤油らぁめん、レモン辛いラーメン、冷製ホワイトらぁめん、冷静トマトコレクション。値段設定は通常のラーメン屋よりやや高め。
それ以外のメニューもとても充実しており、特にデザートの種類が多いのが印象的。

DSC_0592

テーブルの上もとにかくオシャレ。すごい。
瓶に入っているのはただのお水なのだが、こんなところにまで拘るラーメン屋は初めてで驚きの連続である

DSC_0593
DSC_0591

蓮華とお箸が入っている箱の裏にはサイドメニュー、テーブルの前の壁にはらぁ麺フロマージュとレモンパクチーらぁ麺について書かれた紙が貼られている。

DSC_0599

リゾット用ご飯を頼むと、このような紙が渡される。
ラーメンを食べ終えた後、これと引き換えにご飯を受け取るシステムになっている。

DSC_0594

らぁ麺生ハムフロマージュ(リゾット用ご飯付き) (1180円)
生ハムが器の端に乗せられた、なんとも奇抜なラーメン。
トッピングは、生ハム、味玉、ゴルゴンゾーラチーズ、ネギ。

DSC_0597

味玉は特に言うことなし。
ゴルゴンゾーラチーズは後述するがとにかく濃厚で存在感がすごい。そのまま食べてるも良し、麺に絡めるも良し、スープに混ぜるのも良し。
ただ、すぐ溶けないように低めの温度で提供しているとのことで、いきなりガッツリ混ぜるのはあまりおすすめではないそうだ。
濃厚な分、チーズ特有のクセもそれなりにあるので、チーズが苦手な方はやめて置いたほうが無難かもしれない

DSC_0596

生ハムはしょっぱくてジューシーな無難な生ハム。
美味しいのは間違いないけど、ラーメンに合うかと言われると正直微妙かも…

DSC_0603

麺は中細ストレート。
ツルっとした舌触りとモチモチした食感が心地よく、スープやチーズとの相性は抜群

DSC_0601

スープは若干不思議な味がする清湯系。
鶏ベースの出汁と塩がうまく調和しており、あっさり系だがしっかりとしたコクが感じられる。ただ気持ちしょっぱめなのが気になるかな…

また、ゴルゴンゾーラチーズを溶かすとチーズのクリーミーさやミルキーさが加わり、今までにない斬新な味わいのスープが完成する。
これにより、チーズの味と香りがスープのしょっぱさを程よく打ち消してくれてまさにイタリアンと言わんばかりの不思議なスープになり、これがとても美味しい
元のスープが若干しょっぱいのは、チーズを溶かすのを計算に入れているからなのだろうか…

DSC_0605

ラーメンを食べた後は、一緒に注文したリゾット用玄米ご飯を持ってきてもらう。
一緒に水菜が添えられており、これをスープの中へ投入。

DSC_0607

固めに炊かれた玄米ご飯は、スープが溶け込んだチーズに負けない存在感でとても美味。
また、ラーメン自体とは相性が微妙と書いた生ハムも、この〆のリゾットご飯とはなかなか相性が良かった
なのでご飯を頼む場合、チーズと生ハムと気持ち多めに残しておいて〆に一緒に頂く方がいいかも

若干値は張るが、オシャレな店内と独創的でとても美味しいラーメンが食べられて大満足
ごちそうさまでした。
 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

<ins class="adsbygoogle"
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-3226250186632172″
data-ad-slot=”4164808621″
data-ad-format=”auto”
data-full-width-responsive=”true”>

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

食べログ
公式サイト
営業時間:
[月~金]
11:00~15:00
17:00~22:00
[土・日・祝]
11:00~22:00
定休日:無し
住所:東京都武蔵野市御殿山1-5-7 COA吉祥寺 1F

 にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ ↑ ↑
クリックしていただけるともっと更新頑張ります!

Source: 健康的な麺生活