7/23発売のサンヨー食品「五ノ神製作所監修 海老味油そば」を食べました!
海老系の油そばということで、これはなかなか期待が持てそうです!

「五ノ神製作所」は新宿にあるつけ麺のお店みたいですが、
海老をベースにしたスープが多いことで知られてるようです!

調べてみると「五ノ神水産」という同系列のお店が神田にあり、
そこに「海老油そば」があるので、それがベースでしょうね!

「五ノ神製作所」の名前は系列全体の社名でもあるようなので、
「五ノ神製作所監修」という形を取ったものだと思われます!

7/23発売 五ノ神製作所監修 海老味油そば

それにしても最近はノンフライ麺の汁なしがどんどん出ますね!
油そばに汁なし担担麺、さらには海老系まで登場しましたからね!

海老を中心に据えた汁なし商品というだけでも珍しいですね!
自分の記憶だと「えび満月味 焼うどん」ぐらいしかないですし!(=゚ω゚)

この「えび満月味 焼うどん」は油揚げ麺のうどん商品だったので、
今回のノンフライ麺での油そばとはいろいろとタイプが違いますが、
海老油系の汁なしの力を思い知らせてくれた商品だったのですよね!

なので、自分の中では海老系の汁なしは期待が大きくなるのですよね!

7/23発売 五ノ神製作所監修 海老味油そば(内容物)

内容物はかやく、液体だれ、ふりかけという組み合わせです!
汁なし系としてはオーソドックスな感じの構成ですかね!

7/23発売 五ノ神製作所監修 海老味油そば(できあがり)

具材は少ないですが、後入れのふりかけがかなり目立ってますね!

この写真の段階ではふりかけは全体の2/3ぐらいしかかけてないので、
最初から一気に全部かけるともっとえび粉末が広がりますからね!

まずはベースの味ですが・・・おぉ、しっかり海老油してますよ!(●・ω・)

何と言ってもオイルがかなり赤い色だったのが印象的でしたね!

もちろん赤いと言っても唐辛子が入っているわけではなくて、
海老油がメインであるがゆえに赤い色になっていたのですよね!

それだけで海老油の強烈な香ばしさと風味は期待できましたからね!

海老油って個性の強い素材なので多少好みは分かれるかもですが、
もともとこの商品を海老油が苦手な人が買うことはないでしょうし、
この商品を手に取る人ならほぼ確実に納得がいくという内容ですね!

海老の香ばしさ、そして海老油の持っている強い風味が生きていて、
それでいて油そばらしい太さも感じさせるのが大きな特徴ですね!

このあたりの太さが「えび満月味 焼うどん」との最大の違いですね!

「えび満月味」はストレートに海老油の風味だけを立てていて、
あとはおおむねシンプルに塩味だけで調えたような感じでしたが、
こちらは海老油を基調にしながら醤油や味噌も一定程度効かせ、
なおかつ動物系の油脂などで油そばらしい太さがありますからね!

このあたりが「焼うどん」と「油そば」の違いなのでしょうね!

そしてふりかけをまぜてみると・・・香ばしさが増してきますね!(`・ω・´)

タレだけでも海老油の主張がかなり強烈に効いていることから、
ふりかけが加わると海老のクセが高まると思われるかもですが、
むしろそこは逆で海老は強まるけど食べやすい方向に向かいます!

というのも、このふりかけは小海老を粉末化したものなので、
簡単に言ってしまうならえびせん的な香ばしさが強まるのです!

海老って風味の切り取り方次第ではクセを感じさせる素材ですが、
えびせん的な香ばしさに関してはけっこう誰もが好みますからね!

なので、海老油の個性にえびせん的な風味が加わることによって、
太さとわかりやすい香ばしさが両立したような味になるのですよね!

ここではイメージしやすいように「えびせん的」と書いてますが、
実際は小海老100%なので、えびせんよりも海老感は遥かに上です!

この飛び道具的な小海老粉末だけでも十分に味が整いますが、
きちっとベースのタレで味が固まってるので弱さもないですね!

2つの側面から海老の主張を高めているのは実に秀逸ですね!

タレの原材料は香味食用油、植物油脂、糖類、豚脂、食塩、
たん白加水分解物、しょうゆ、えびエキス、みそ、香辛料です!

香味油食用油は間違いなく海老油を指しているのでしょうね!

麺はサンヨー食品が得意とするやや平打ち気味のノンフライ麺です!

この麺はさすがというか、かなりのクオリティを誇ってますね!
サンヨー食品はほんとこのタイプの汁なしノンフライ麺に強いです!(*゚◇゚)

一応は平打ち系ですが、厚みもそれなりにあって角張ってないので、
麺の形状としては東洋水産の「正麺カップ」に近いところもあります!

麺のタイプは明らかに多加水系で、プリ感の強い食感となってます!
麺の噛んだときの押し返しの強さなどもいいものを持ってますね!

麺の食感のナチュラルさで言えば「正麺カップ」がやや上ですが、
この強いコシと存在感の強さ、それでいて過剰な感じのない麺は
こうしたパワーのあるタレの油そばにピッタリと言えますね!

少々弾力が強めなぐらいのほうがこの手の汁なしには合いますしね!

麺の量は80gで、カロリーは430kcalとなっています!
脂質は15.0gで、ノンフライ麺としてはそこそこの高さですかね!

麺量80gって、ノンフライ麺としては頑張っているほうなのですが、
タレと麺の相性が良すぎて、あまりに軽く食べられたのですよね!

なので、「量が物足りない」と感じてしまう人も多そうですが、
おいしいがゆえにそう感じてしまうのだから仕方ないですよね!

具材はキャベツのみという極めてシンプルな内容となっています!(*゚ー゚)

この点だけ見ればさすがにさみしいと言わざるを得ないですが、
それだけタレと麺とふりかけにコストを注いだのでしょうね!

もちろん具材をもう少し充実させる方法もあったのでしょうが、
メインに全力を注ぐという今回のやり方は正しかったと思います!

実際にタレ・麺・ふりかけでほぼ全て完成していましたからね!

でもって、キャベツもただ単に入っているという感じではなく、
意外とこの海老風味の油そばと上手くまとまってましたしね!

海老油の風味が苦手な人にはさすがに向かない商品ではありますが、
そうでなければ味に関しては文句なしと言っていい内容でしたね!

海老系の味を求めるのであれば、間違いなくオススメできる一杯でした!(゚x/)モギュギュッ
Source: He can eat anything but himself!