イトーヨーカドーで手に入れたセブンでは見かけない廉価カップ焼そば2点

今回は、セブンプレミアムの廉価カップ焼そば2点、「セブンプレミアム ソース焼そば」と「セブンプレミアム 塩焼そば」を食べ比べてみたいと思います。どちらも2018年7月16日にリニューアル発売された商品で、製造は東洋水産が担当しています。セブンプレミアムの商品ですが、セブンイレブンで見かけたことはなく、今回はイトーヨーカドーで入手しました。おそらくコンビニでは売られず、スーパー等の限定商品なのではないかと思います。この商品に限らず、スーパーでしか見かけないセブンプレミアムの商品は多く、逆にセブンでしか見ないセブンプレミアムも多いです。

今回の2つの商品がコンビニで並ばないのはおそらく、税込95円という価格設定により他の商品の売り上げを食ってしまうからだと思われます。さすがにコンビニでカップ焼そばが95円で置かれてしまうと、他の焼そばの売れ行きに大きく影響しそうですよね。他社PB商品と同じくらいの価格設定で、且つ「セブンプレミアム」というブランド力は大きいので、セブンに置いてしまうのはなかんか厳しいように思います。逆に他のスーパーチェーンに対しては、95円で買える「セブンプレミアム」カップ焼そばというのは大きなアドバンテージかと思われます。名前はあげませんが他のスーパーのPBブランドに比べて「セブンプレミアム」のイメージは絶大ですよね。

関係ない話に脱線しますが、この記事はカフェで書いていて、実は窓の向こうの目の前で地域の夏祭りが絶賛開催されています。いやーすごい人だかりです。浴衣着た人とか走り回る子供とか。夏祭りでの食事といえば「焼そば」が当然想起されるもので、目の前で食べている人もいます。私は人混みは嫌いだけどあの焼そばは食べたい!目の前で本物の夜店の焼そばが買える状況で、カップ焼そばの記事を書くにはなんだかアウェーな環境の気がしてきましたが、しっかり書きたいと思います。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

内容物の比較

左が「ソース焼そば」で、右が「塩焼そば」。どちらも小袋は3つずつですが、「やき弁」や「バゴォーン」のようなスープの素はついていません。「ソース焼そば」が中細麺で「塩焼そば」が細麺を使用しており、「ソース焼そば」の麺はしょうゆが練り込まれていてちょっと黒っぽいです。また、どちらもかやくは野菜が中心で肉は入っておらず、具のクオリティは他社のPB商品並のように見えます。

商品概要

品名:セブンプレミアム ソース焼そば
メーカー:セブンプレミアム(東洋水産製造)
発売日:2018年7月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末ソース+ふりかけ・かやく・特製油)
定価:税込95円
取得価格:税込95円(イトーヨーカドー)

商品概要

品名:セブンプレミアム 塩焼そば
メーカー:セブンプレミアム(東洋水産製造)
発売日:2018年7月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体ソース・かやく・スパイス)
定価:税込95円
取得価格:税込95円(イトーヨーカドー)

「セブンプレミアム」の商品でどちらも税込95円なのは、お得感があります。

Source: カップ麺をひたすら食いまくるブログ